触手連続絶頂|エロ小説|裏夢小説|官能小説
悶えに悶え狂う



肥大化したクリトリスを根元から先っぽまで入念にしごきあげる。


つるつるした表面の触手を陰唇にこすり付ける。


「やぇ、やめてっ! も、もうきた…もうきちゃ…ん、んぁああぁっ!!!」


頭を振り回して悶えに悶え狂う美穂。


さらさらとした髪が乱れに乱れる。


それでも触手は責めに容赦がない。


今度は触手が震えだしたのだ。


しかも半端は震え方ではない。


その振動が美穂の秘処に襲いかかる。


「だ、ぇ…っ!!や、あぁ…ああぁぁっ!いあぁあっ!!!」


突然の快感に声さえ飲み込んでしまう。


腰が勝手に浮き上がっていた。


絶頂を意識する前に身体はすでに絶頂を迎えてしまっていた。


それでも関係なく、触手は押し付けられる。


「やめ、も、もう死んじゃ、しんじゃうよぉっ!や、め、あぁぁっ!!!」


振動が触手の粘液の効果に拍車をかけた。


粘液は美穂の秘処にみるみるうちに染み込んでいき、あっという間に効果を発揮する。


お湯をかけられたかのような熱さに、頭が狂ってしまいそうになるほどの快感。


簡単に正気を保っていられるような責めではなかった。


「あつ、熱いっ!熱いよぉっ! や、やめて、も、もうお願いだからっ!」


「く、はぁんっ! や、やだ、ぁあ゛あぁぁっ!!」


秘処からは大量も潮が噴き出し、床に大きな水溜りをつくった。


しかし、依然として触手は責めの手をやわらげはしない、より強く押し当てる。


「も、もう本当に、やめ、やめてぇぇぇっ!」


連続の絶頂を味あわされ、我慢どころではなくなっていた。


「や、やなのにぃ…く、い、イク、イッちゃうぅぅぅっ!!!」


身体を仰け反らせて絶頂を迎えてしまう。


それと同時に触手の振動はとまり、擦られることもなくなる。


ようやく絶頂の余韻に浸ることができた。


連続で絶頂を迎えていた美穂には待ち遠しいものでもあった

[*前へ]
[戻る]


無料HPエムペ!