[携帯モード] [URL送信]
彼は有名人






「お、お、お前!
 "あの"唐沢ツルギを知らない
 だとぉぉぉぉおぉぉおお!?!?」

「マジかよ……」

「マイペースすぎだぁぁぁああ! バカヤロー!!!!」

「なに?そんなにユーメー?」

「バッキャロー!!有名じゃねぇ! 常識だ!」

「常識なのか……」

「違うぞ幸村」



晴れて?唐沢先輩の恋人となった俺は、友人二人に先輩の事について聞いてみたところ、先輩はかなり有名人だそうだ。



「で、唐沢先輩って何者?」

「このおバカちゃん!俺達が説明してやるから、その脳みそに叩きこみなさい!!」

「なぁここいら一帯を占めてる族の名前しってるか?」

「族?」

「おい、まさか知らない何て言わないよな!?」

「えーと確か…トランペット?」

「ちげーよ!トランしか合ってねーよ!!」

「さっきから、雅一うるさいよ」

「なっ!?俺はお前の為にだな説明してんだぞ?!」

「うん、アリガトー。で?」

「コノヤロー!!」

「はぁ、幸村。雅一で遊ぶな。雅一も一々乗るな」

「だってよ〜、幸村が…」

「うんごめん。悠紀、怒った?」

「俺は怒ってないよ。それより、話し戻すぞ」

「うん」




.

[*前へ]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!