[携帯モード] [URL送信]
 







「心配してくれるのか?」



そう言った先輩の顔はとても嬉しそうに微笑んでいた。
わぉ、回りに光がッ!
キラキラと光が先輩の回りを囲んでいる。
目が痛いんでしまって下さい。



「そうだな。幸村にもしもの事があったら危ないしな。帰ろうか」



そう言って離れた先輩にホッとしたのもつかの間手を握られた。
いや、普通に手を繋ぐならまだ、まだいいだろう。
この繋ぎ方は、問題がある。
だってこの繋ぎ方は……



「何故に恋人繋ぎ?」

「俺達が恋人同士だからだろう」


わっつ?恋人同士??いつから!?



「さっき"はい"って、言っただろう?」



さっきのはいって告白の返事のはいだったのか。
なんかもう誤解解くのもメンドーになってきた。もぅいいや。
とにかくガンバロ。





.

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!