[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 ギシッ


「あッ…!」


 言葉を探して沈黙する俺を兄貴の猛りが

穿つ。

 麗を目の前にしても俺の体内でそれは萎

えることを知らず、ここぞとばかりに俺の

弱いポイントばかり擦り上げてくる。

 震える声を抑えることが出来ない。

 俺のそんなこともきっと全部わかってて

兄貴は俺を何度も突き上げてくる。


「兄貴っ、あッ、やめッ、はぁッ、まだ、

 途中ッ…!」

「わざわざ言葉にしなくても見れば解るで

 しょう?

 …邪魔です。出て行きなさい」


 ビクビクと震えて兄貴の猛りを締め付け

てしまう俺に笑いかけると、首も動かさず

に視線だけ麗にやって釘でも打ち付けるよ

うに冷たく言い放った。


 ギリッと握りしめた拳が音をたてそうな

空気を纏いながら…しかし麗は出て行かな

かった。


 いやだ…。来るな…。見ないでくれ…!


 体は快楽に喘ぎながら、理性が耐えきれ

ずに悲鳴を上げる。


 それでも、兄貴に貫かれて先走りを零す

俺をしっかりと見据えながら麗は近づいて

きた。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!