[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 人差し指と親指で輪を作り、くびれの裏

側に指があたるようにしながら麗のものを

扱き始めた。


「ぁっ、お兄ちゃん…なんか…ぼく、へん

だよぉ…」


 麗の声が甘ったるい。

 頬を赤らめながら初めての感覚に戸惑っ

ているようで、俺の服を掴む手に力が入

る。


「気持ちいい?」

「わかんない。わかんないけど…へんな

の…っ」


 麗の呼吸が荒くなっていく。

 その呼吸に合わせるように手の動きを

速めていく。


「あっ、あっ、お兄ちゃんダメっ。

 出ちゃうっ。

 なんか出ちゃうよぉっ」


 麗の声が切羽詰っていき、耳まで真っ赤

にしながらイヤイヤと首を横に振ってい

る。


「いいんだよ。出してごらん」

「やだっ。おしっこ出ちゃうっ。

 出ちゃうよぉっ」


 まだ経験がない麗にはたとえられる感覚

がそれしかないのだろう。

 しかし手の中の幼い熱も、上気した肌

も、無意識に揺れている腰も、これから出

るものは一つしかないことを示している。


「あッ、やだっ、お兄ちゃんっ、お兄ちゃ

 んたすけてッ」

「大丈夫だから。出してごらん」

「あっ、あッ、あああぁッ!」


 麗は俺に強くしがみついたまま、背中を

反らせて達した。

 断続的に白濁した液体を飛ばすと、くた

りと全身の力を抜いて凭れかかってくる。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!