[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 それでも手の中のものは確実に熱をもっ

て上向いてきていて、俺はその幼いものの

皮を痛くない程度までゆっくりと剥いてい

く。 

 一度右手を離してその手に唾液を垂らす

と、今度は皮の下に隠れていた部分に掌か

ら唾液を塗りこむ。


「ぁっ、んっ…」


 まだ変声期を迎えていない高い声が耳元

で恥ずかしく震える。

 緊張なのか羞恥なのか、俺の腕の中で一

番弱い場所をいいように弄られながら俺に

しがみつき赤くなっている麗はなんとも言

い難い。

 イケナイことをしている気に…ならなく

もない。


 いやいや、俺は父さんの代理だから。

 父さんの代理、父さんの代理、父さんの

代理… 


 耳にかかりそうな麗の上擦った吐息を意

識しないように頭の中で念仏のように唱え

続ける。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!