[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「麗、目つぶって。

 エッチなこと想像してごらん」

「エッチな…こと?」

「そう。

 女の人の裸とか」


 …あれ?

 例を挙げた途端に手の中のものが萎え

た。


「やだ。お兄ちゃんがいい」


 不満げに呟いた麗は俺の首筋に頬擦り

して甘噛みしてくる。


 …待て。それはまずい。


 初めての性体験は重要だ。

 そのオカズにされたらそれが快楽と結び

ついて、癖になってしまう。


 しかし今手の中で萎えたばかりのものが

俺の首筋を食み舐めることで熱量を取り戻

していく。


 …正直すぎる…。


 女性の裸体を想像して萎えて、どうして

俺に触れて勃起するのか…。

 しかし、無理強いして萎えさせていたら

いつまでも終わらない。

 だったら妥協するしかない。


「今だけ、だからな?」

「んー…」


 麗は俺の首筋にしゃぶりつくのに夢中で

返事をしない。

 余裕がないのか、故意なのか。

 それは麗にしかわからない。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!