[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 …ゴクン。


 もう限界、と喉を鳴らして唾液を飲み干

すと、顔を反らして酸素を大量に吸い込ん

だ。


「あッ、はあッ、あッ、あぁッ…!」


 零れる唾液がもうどちらのものかも解ら

ない。


 ただ、熱い。

 下半身が熱くてたまらない。

 口元に零れた唾液を吸う麗が聞いている

のも、もう気にしていられない。

 そもそも…扱かれる高ぶりも穿たれる後

口も気持ち良くて、先走りで麗の手を濡ら

しながら弱いポイントをえぐる兄貴の猛り

を締めつけてしまう。


 ぐちゅぐちゅという濡れた音が前からす

るのか、それとも後ろからしているのかも

解らない。



 ダメなのに…こんなの絶対に間違ってい

るのに…っ


 零れるものがもったいないとでも言うよ

うに、俺の高ぶりを扱く麗が先端を咥えて

吸い上げた。


 理性が快楽の前に屈服して、ぐずぐずに

溶けていく。


「イクッ、もうイッちゃうッ…!」



 “気持ちいい”

 思考がそれ一色に染まっていく。

 もうどっちが何でなんて関係なくて。


 …グリッ!

 …じゅるッ!


「あああぁぁッッッ!」





[*前]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!