[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「あうッ!いたッ…!」


 まるで咎めるように胸の突起を捻り上げ

られた。

 兄貴が腰を止めないから上手く言えなの

に、今にも放ちかけていた高ぶりに“待っ

た”がかかる。


「お兄ちゃんに乱暴しないでっ!」


 麗が兄貴を睨みつけて噛みついた。

 兄貴は無言でその視線とやりあい、俺は

何度も貫かれながらも突起の痛みで達せな

い状況に陥った。


「兄貴、痛いっ。離してっ…」


 こんな時に睨み合わないでほしい。

 こんなふうに中途半端にされて、進むこ

とも戻ることも出来ないなんて辛い。

 もうどっちでもいいから、するのかやめ

るのか…どっちかに落ち着かせてほしい。


「兄貴っ。俺、もうこんなのやだ!

 抜いて!」


 頼んでもいつまでも爪を突き立てること

をやめない兄貴に苛立って睨み合う二人の

集中を削ぐように叫ぶ。

 すると、ふっと突起が解放された。

 ほっとして兄貴の腰に巻きつけるままに

なっていた足を下ろす。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!