[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「あッ、あぁッ…!」

「ほら、どうして欲しいんですか?

 言ってくれないとわかりませんよ?」


 自分だって俺の体内でこんなにも脈打っ

てるのに、俺の表情を見下ろしてくる視線

は絡みついて言葉を促してくる。


 “そんな意地悪をするならいらない”っ

て言えたらどんなに楽だろう…


 でももう下半身が熱い。

 思考まで茹ってしまうほどに。

 仕返しでいらないと言ったところで、辛

い思いをするのは俺だって同じだ。


 こ…これは変化球、だからっ

 きっと、多分…


 自分でもどういう理屈かわからないけれ

ど、とにかく何でもいいから理由が欲しか

った。

 でなければ下半身が辛すぎる。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!