[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「ッ…。やらしいですね、駆は。

 僕のを嬉しそうに呑み込んで…。

 気持ちいいんですか?」

「ぁッ…」


 問いに答える代わりに、軽く腰を揺する

兄貴の熱を締め付けてしまう。


 もう…ちゃんと動いて…っ


 軽く揺すられただけでは物足りなくて、

自分から腰を揺すってしまいたくなる。


 こんなのおかしいのに…。

 でも兄貴を怒らせたら麗が…。


 快楽に引きずられて言い訳まで考え始め

てしまう自分が憎い。


 違うっ。

 麗を守りたいと思ったのはそんな邪な言

い訳の為なんかじゃない!

 兄貴に動いて欲しいと思うのは、俺が…

きっと俺自身が…


 しかし認めてしまえば、そこから先は歯

止めが効かなくなりそうで怖い。

 心まで堕ちきってしまいそうで、怖い。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!