[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 指が抜かれて間もなくその濡れた窄ま

りに兄貴の熱があてがわれた。

 
 後口で感じる熱量は、その涼しい表情

からは想像できない程熱く猛っている。


 指を抜かれたばかりの入り口をその先

端でやんわりと刺激されてまたキュッと

窄まった。


「挿れますよ?」

「ん……」


 ゆっくりと入り口を押し広げながら入

ってくる猛りを、懸命に息を吐き出しな

がら迎える。

 何かで濡れ解されてもまだその熱量は

大きくて、先端で解すようにしながら入

ってくるのを軽く腰を揺すって助ける。


 ようやく全部が体の中に入ると、肩か

ら力が抜けた。


 兄貴の…やっぱ大きい…


 体内をいっぱいにして脈打つその熱

は、すっかり成長しきっていて麗の幼い

ものと比べるとやっぱり違う。

 この熱で今から掻き回され貫かれるの

だと思うと窄まりがその根元を締めつけ

てしまった。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!