[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「選ばせてあげますよ、駆。

 僕に吸われるのと、ココを擦られてイク

 のと、どっちがいいですか?」

「ぁッ、はぁッ…!」


 滑る指先で弱いポイントを繰り返し擦ら

れて腰が震えた。

 しかしそれもすぐに手が止まり、どっち

がいいのかと兄貴の意地悪い目が俺に尋ね

てくる。


「っ……!」


 選べというのだ。

 どちらで気持ち良くなりたいか。

 どちらで喘いで、放ちたいのか。

 それを俺に選ばせようなんて、なんて意

地悪なのか。


 迷った。

 でも体のことを思えば、答えは決まって

いる。


「あ…兄貴の、挿れて…」


 本当に顔から火が出るかと思った。

 いくら体が辛くて早く終わらせたいから

って自分から求めるなんて。


「おや…大胆ですね。

 そんなに僕のが恋しかったですか?」


 兄貴はちょっと意外そうに笑って唇を吸

ってきた。

 俺がそのキスを受けて吐息を零すと体内

から兄貴の指が抜かれた。

 何かで濡れた後口が異物を失ってキュン

と窄まるのが切ない。
 




[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!