[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「もっと力を抜きなさい。

 昨日僕のをココで咥え込んだんです。

 できるでしょう?」


 まだ足りないという兄貴を直視すること

なんかできなくて、言われるままにできる

だけ下半身の力を抜いた。

 体内で兄貴の指先が動いて入り口をほぐ

し、時折指を拡げて中の具合を確かめてい

る。

 中の粘膜が空気に触れると、体の奥まで

見られているような気がしてシーツを握り

しめた。


「…まぁいいでしょう」


 そう言った兄貴は前触れもなく、先ほど

の何かを俺の体内にも流し込んできた。


「あっ…!」


 体液以外のものを注がれるのは初めて

で、そのとろとろとした液体を注がれる羞

恥心はまた別物だった。

 本来ならこんな使い方をするものじゃな

いのに、そんなものを注がれて気持ちよく

なってしまう…そう考えただけでどこかに

隠れてしまいたくなる。


 しかし逃げられるのは気持ちだけで、体

はそんな液体に濡れた兄貴の指で掻き回さ

れ馴染まされて弱いポイントを擦られる度

にビクビクと震えて前が高ぶっていった。


「出ないなんて言いながら勃ってますよ?

 それとも僕にまた吸い出されたいんです

 か?」


 からかう兄貴の指先につつかれて高ぶり

が揺れる。

 そんな刺激にすら期待するように後口が

咥え込んでいる兄貴の指を締め付けてしま

って、もう何も言えない。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!