[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「濡らしますよ?」


 兄貴が何かを手に取り、その中身を俺の

窄まりに垂らした。


「ひゃっ!?冷たっ…これ、何っ?」

「キッチンにあるもの、ですよ。代用品で

 すが十分でしょう」


 指先で窄まり全体になじませると、中に

指を入れてきた。


「駆、膝を抱えて力を抜きなさい」

「っ……」


 兄貴の要求していることがわかってカッ

と羞恥に染まるが、嫌だとは言えない。

 兄貴を怒らせたら何をするかわからない

から。


 羞恥を堪えて、仰向けに寝転んだまま胸

の方へと両足を折り曲げて膝の裏に手をあ

てる。

 膝を開いたままそんな格好になると文字

通り下半身は丸見えで、まるで自分が見て

ほしがっている、触ってほしがっているよ

うだ。


 兄貴の視線を感じて、窄まりがヒクリと

反応する。


「そうですよ。いい子ですね」


 兄貴は笑みを浮かべながら再び窄まりに

触れた。

 何かに濡れて滑りやすいそこはやすやす

と兄貴の指の一本目を受け入れ、入り口を

ほぐされると簡単に二本目を受け入れた。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!