[通常モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 やっぱり両親と一緒に旅行に行けばよかっ

た…と泣き言を言ってもいいだろうか。


 何から何まで余裕がなくなって行って、悪

化の一途を辿って行って、だからと言って何

をしたらいいのかもわからずに唇を噛んでい

るしかできない状況なんてひどすぎる。


「お兄ちゃん?どうしたの?」


 …とりあえず夕食を食べるしかできること

はなさそうだ。







 “一緒にお風呂入りたい”と甘える麗を

なんとか説き伏せて手早くシャワーだけで

済ませてしまう。

 湯船に浸かるほどの余裕は体にも心にも

ないから。


 自室に戻ってきて、ベッドに腰掛ける。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!