[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「さっきまで恥ずかしいって言ってたの

 に…」


 思わずため息がもれる。


「むぅ…。

 お兄ちゃんはぼくのことキライ?」


 拗ねた麗が頬を膨らませて俺を見上げて

くる。


「好きだよ、“弟として”」


「ぼくはお兄ちゃんがお兄ちゃんじゃなく

 ても好きっ」


 ぎゅううっ


「そういう問題じゃ…」


 ない。

 力が抜けて最後まで声にならない。


「なぁ、麗…。

 これから先、麗は色んな人と出会うだろ

 う。

 いろんな所で、いろんな人に。

 その中で誰かを好きになったり、好意を

 もたれたりもするだろう」

「でも一番はお兄ちゃんだもん!」


 言葉を先回りする麗にはもう肩をすくめ

るしかない。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!