[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*



 手を伸ばして箱からティッシュを数枚抜

き取って麗が飛ばしたものと麗自身のもの

の汚れを拭き取る。

 初めての経験にボーっとしているのか、

麗は荒い呼吸を繰り返しながら俺のされる

がままになっていた。


「こうすれば、もう体もモヤモヤしないか

 ら。

 次からは自分でできるよな?」


 腕の中でぐったりしている麗の髪を左手

で撫でながら言い聞かせる。

 そう、俺が手伝うのは今回だけ。

 あくまでも父さんの代わりだから。


「わかんなかったから、もう一回ぃ」


 熱の名残りを吐息に残しながら麗が甘

えた声を出す。


「麗…」

「ふわふわして、よくわかんなかったん

 だもん。

 だからもう一回」


 快楽で潤んだ眼差しが見上げてくる。

 達した直後のなんとも言えない空気が麗

のうっすら上気した肌を包んで、同性だと

いうのになんとも言えない色っぽさを醸し

出している。


「ね、お兄ちゃん?

 もう一回…」


 魔性の子供がいるというのなら、それは

まさに麗のことじゃないだろうか…。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!