[携帯モード] [URL送信]

100%の管理
from.Iori

世の中下らない人間ばかりだ。

正直なところ、自分が不美人でないことは自覚しているし、スポーツもそれなりにこなすことが出来る。
これらは運良く与えられたものであると解釈し、両親への感謝の念が強い。

しかし学問に打ち込むということ、これは個々の努力次第でどうにでもなる筈。
それを秀才だなんて祭り上げる人々がまるで理解出来ないでいた。

完璧であろうとしたことなどない。
生きる上で当然のことをしてきたまで。

好みの相手?理想の結婚?
こんな質問をする方もこの質問自体も馬鹿げている。

敢えて答えてあげましょうか、貴方達は黙り込んでしまうと思いますけど。

もしも私程度の生き方を完璧だと呼ぶのなら、私はもちろん完璧以外に興味はない。


つれない、冷たい女だと言われ続けて来たことに何の文句もない。
しかし彼らが、今の私を知ったらきっと驚くだろう。




「おはようございます、伊織さん」
「…おはよう、ございます」


扉を開けて真っ先に目に入ったのは、何とも珍しい光景だった。
副社長はティーポットに湯を注いでいた手を止め、こちらを振り向いて微笑んでいた。

本日、社長が海外出張に向かわれるにあたって直前に組まれた早朝会議。
普段は共に出勤するのだが、家族会議のようなものだから一人で行かせてくれと私を諭して、彼女は先に家を出ていた。

会議が本当にあっさりと終わったことは、出勤時フロントの友人に聞いていた。
従ってもう副社長にいらっしゃるであろうと思っていたが、まさか紅茶を淹れて待っていて下さってるとは思わなかった。


「いきなりですけど、これ」


差し出されたのは、某有名洋菓子ブランドのロゴが入った小さな箱。
バレンタインデーである今日の為に、彼女が用意してくれたものらしい。


「まぁ、ありがとうございます」
「良かったら今、開けてみて下さい」


彼女にしては珍しく気が早いが、後に続く言葉にその理由はあった。


「今朝はゆっくりできなかったでしょう?今日も遅くなりそうですし。だから今少しだけ、お茶しませんか?」


確かに、せっかくのバレンタインデーだ。
彼女からのチョコレートと共に暖かい紅茶を頂く。仕事にも支障はないぐらいささやかな時間だが、何とも素敵な贅沢ではないか。


「いいですね。では、私からも…」
「あ、ありがとうございます!」


揃いのカップを二つ並べてくれた彼女に、当然の如く用意していたチョコレートを手渡す。
ごくごく嬉しそうに顔を綻ばせたのにつられて、自然と笑みを浮かべてしまう。
そんな私に細い腕をそっと回して柔らかく抱き締めてくれる、私だけの可愛い人。


他人になど興味はなかった。
理想の相手など考えるだけ無駄だと思っていた。

いや、今でもそう思っている。
ただ“真泉雪耶”という存在に、私はどうしようもなく惹かれているのだ。

理由などとうに分からなくなってしまうぐらい、私は彼女に夢中だと、いうことだ。




ハッピーバレンタインデー、最高にして最愛の上司へ








※両性愛?同性愛?彼女にとって問題ではない。真泉雪耶がいればいい。

[戻る]


無料HPエムペ!