[携帯モード] [URL送信]
ロザリオと鍵
あなたは3088人目です。

.
権版&オリジナル
小説サイトです。
UpDate
2013/6/21
二次 自作  
手紙


rank rank rank










あの花が散るのは
きっと君を愛し過ぎたから…


キミに会いたいのに
キミはずっと忙しそうで
キミの声はいつも
僕に向けられなくて
ほら昔は
あんなに近くに居たのに


ホラ
昔ハ
アンナニ
近クニ
居タノニ…


僕の声はキミに届かない。

だってキミは
僕のいない世界でも
あんなに笑えるじゃないか。


あの花はずっと昔、キミと一緒にいて、
その頃はそう。
あの花にとって
キミが全てだった。



「今はもう忘れたかな?」


だから、全てだったキミをなくして

枯れたんだ
けど

誰も哀れまない

何故ならその花は
キミしか知らない場所で
生きていたから。

誰にも知られずに枯れたんだ。


キミは僕を覚えて、いるかな?






























ここより↓は広告サイト様です。




















[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!