[携帯モード] [URL送信]
よくある質問をまとめました。宜しければ参考になさってください。今後追加される可能性もあります。

※4/23【フリースペースについての質問、回答】追加

□原稿について

Q.原稿用紙はどの線まで描けばいいのですか?

A.実際に印刷に出るのは実線枠までですが、実線枠いっぱいまで絵が描かれている場合、必ず断ち切りと呼ばれる一番外側の線まで描き足すようにしてください。(断ち切り枠は3つ枠線がある中の、一番外側の枠線のことです。)

Q.画材は何を使っても良いのですか?(つけペンでなくてもいいですか?)

A.白黒であること、印刷に出るもの、が絶対条件です。鉛筆、ボールペン、薄墨、クレヨンなど、印刷に出にくいものや、画面が汚れる恐れのあるものはお止めください。逆に、それらを避ければどんな画材を使って頂いても構いません。もちろんつけペンを使わず、市販のペンを代用して頂いてもまったく問題ありません。

Q.セリフは写植しなくてもいいですか?

A.構いません。ですが、文字を手書きにする場合も必ず黒のペンで書き込んでください。鉛筆やボールペンなど印刷に出にくいものは不可です。こちらでは写植の作業は致しません。

Q.データで作成したものを、原稿用紙に印刷する形でもいいですか?

A.最終的にアナログ原稿の形で納めて頂けるのであれば、どんな形で作業してくださっても構いません。その場合も寸法、トンボなど既定のサイズを間違わないようご注意ください。

Q.ノンブル枠は無視していいんですよね?

無視してください。こちらで改めてノンブルを打ちます。ページ番号は枠外に書くか、裏に書いて頂けると混乱もしにくく、編集作業の際に助かります。

Q.作品の中に自分の名前と作品のタイトルを入れた方がいいですか?

A.自由です。名前はあった方が、誰が描いたのか一目で分かりますので良いと思います。
タイトルもあると、作品にしまりが出て良いのではないでしょうか。入れる場所は、始めのページや空いている部分など、執筆者の方におまかせします。(タイトルを入れた場合、目次に表記させて頂く場合もございます。)

Q.フリースペースは上下どちらに描けばいいのですか?

A.どちらに記入して頂いても構いません。執筆者様お一人につき、スペースは上か下、どちらか一方です。編集作業の際に、記入して頂いた通りの配置にならない場合もございますので、どちらに配置されても大丈夫なようにレイアウトして頂けるととても助かります。原稿用紙の基本的な使い方は一緒ですので、断ち切り枠までしっかり描き込んでください。

Q.申込時のページ数と変更したいのですが…

A.構いません。申込時に伺ったページ数は、全体でどのくらいのページ数になるのかを目安として把握しておきたかった為回答をお願いしました。
2〜10ページの間であれば変更は自由です。

Q.執筆した作品を公開してもいいですか?

A.アンソロ発行の目安となる夏コミ終了後でしたら、ご本人様が執筆なされたものに限り公開して頂いて構いません。
また、執筆途中の段階や完成原稿の部分的な公開に関しては特に規制などはないので、執筆者様の判断におまかせします。


□通販について

Q.通販はありますか?

A.企画サイトにて受け付ける予定ではございます。今のところ委託などの予定はありません。

戻る


無料HPエムペ!