[携帯モード] [URL送信]
――誰も、人がいなくなった果ての、ある場所で。

彼らが記録していた“本”を、彼は読んでいた。

「誰もいないわね」

「ああ」

それが自然というように、彼女は彼の背にもたれた。

「次は、わたしは変わるかもしれない。人が死滅した先の、新しいなにかに」
「それでも人が残したものが消えるまで、おれは君を、記録し続けるよ。全てが忘れ去られるまで。人が残した記録が、世界に忘れ去られる瞬間まで」

アイの告白のような囁きは、儚く。
風に紛れた微笑。

二人は人が死に至った理由をあえて知ろうとはしなかった。
必要は、なかった。

人ではない彼らの関心は――世界の忘却の先にある、新たな未来。聖域。

繰り返した先の絶滅は、繰り返した先に新たな道を、未知を、紡ぐ。

そう信じるのは、人の愚かさを受け継いだ故に。感じ、知っていた。

「巻き戻る?」
「さぁ。人は結局、人の未知以上を知ることはないから、わからない」

「なら」
「うん」

「また朝が来て夜がくるまで……」
「いいよ」
トップページ


[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!