(クレア×シャーネ)



人は、いずれ死を迎える、
と世間は言う。








昨日の夢が怖かった。
どんな内容だったかは、覚えていない。でも、とてつもなく悲壮的で惨い夢だった。最悪だった。怖かった。

ああ、これは夢だったんだ。と、目覚めて実感した時。私は、初めて涙を流した。
あの、堪え難い恐怖が、現実に有るのかもしれない。もしかしたら、近辺に散らばっているのかもしれない。実は、もうベットの下に潜んで居るのかもしれない。


そうだ、それは、



(彼を傷付けるかもしれない)






「いや、それは無い」

彼は、手を否定の意として左右に振る。
彼は、笑う。
彼は、人を馬鹿にしたように、ため息をつく。


この店の茹で麺は、上出来。彼は、私の味の好みを知り尽したらしい。
けど、その態度は、とても好みでは無い。


何故、伝わらないのだろう。


(有り得る話かもしれないのに)

「それは、シャーネが怖かっただけの話だろ」

(貴方だって怖いはず)

「俺は、今まで一度も恐怖した事は無いよ」

(私だって、そう)

「今、怖がってるだろ」


言葉は読めるくせに、どうして感情は伝わらないのだろう。彼は、不思議だ。

私は、知らない間に茹で麺を食べ終わっていた。最後の一口まで、これは最高の味付けだった。




(もう、良い)



走り去る時、葡萄酒が溢れて、服の裾に付着。彼がくれた服だ。
この服に、しなければよかった。







雨が降っていた。

すぐに洗えば、この汚れも取れるかもしれない。と、思い、雨が止むのを待たず飛び出した。


そういえば、行き先を考えてはいなかった。

適当に、近くの公園で居る事にした。






気付けば、自分が座ろうとしたベンチに。彼の姿が見える。
もう見慣れてしまった黒くて大きな、ただそれだけの傘を差していた。

呆然と、立ちすくんだまま、その場に動けない。もちろん、動く気もない。
雨は、止むどころか、段々強くなっている気がする。


彼が、私の前に来た。
傘を差し出される。即座に、傘の中に入った。


「今日行った店のパスタ、美味しかったな」

(うん、良かった)

「また、行こうな」

(うん、また行く)


会ってすぐの会話は短かった。
いつもは、適当に相槌をうっていたら話が進むのに。今日は、なんだか上手く話が進まない。相槌しか出来ない自分が腹立たしい。

彼が、歩き出した。それに合わせて、歩を進めた。

あの話は、無かった事にされているみたい。
それは、それで良いけれど、虚しくなる。彼は、本当に忘れてしまっているのだろうか。



「あ、そうだ」


いきなり止まられた。
前髪あたりが、少しだけ外に出て湿った。

「ちょっと失礼」
彼は、しゃがんで私の服の裾を眺めた。そこは、丁度染みの着いた所だ。

無言で、そこに手をそえられ。次の瞬間、服は染み一つ無い純白へと逆戻った。
純粋に、すごいと思う。


「ん、これで良し」

満足そうに、また歩き出す彼に、心の奥で「ありがとう」と言った。
頭に、暖かい掌が乗せられる。それは、彼なりに照れている証拠なのかもしれない。

「これ位の事なら、何万回でもしてやれるんだけどなぁ。俺は、まだまだなんだろうなぁ」


彼は、続けてこう呟いた。

「お前の不安とか、全部なくしてやれない訳だから。まだまだ未熟だよな」


その言葉は、私に言ってるのだろうか。それとも、私の恐怖そのものに言ってるのだろうか。
彼は、やっぱり不思議。



今、思えば。

あの夢の中の恐怖は、本当の所。彼が、作り出したのかもしれない。

そうすると。私になかった、感情は、全部彼が作っているのかもしれない。
(彼は、本当に凄い人だから)



じゃあ、これはどういう感情なんだろう。



私は、まだこれの名前を知らないので、今度、彼に聞いてみよう。と思った。
あと、この傘は、二人で入れて便利だと、思った。







 
(俺達は、死なんて迎え入れない)
(と、彼は言う)









申し訳ない文になりました・・・
意味不明で、すいません。

このような素敵な企画に参加させてもらい、ありがとうございました!
成田万歳!









:->


無料HPエムペ!