AGX-04A1
ガーベラ・テトラ改
GERBERA-TETRA CUSTOM

装甲材質:ルナ・チタニウム合金
搭乗者:シーマ・ガラハウ

本機はAGX-04ガーベラ・テトラのバリエーション機であるが、実在した機体ではなく、デザインのみが存在した機体だといわれている。
RX-78GP01ガンダム試作1号機とコンセプトが重複するという理由で「ガンダム開発計画」から外されたガンダム試作4号機は、アナハイム・エレクトロニクス社において外装を変更され、ガーベラ・テトラとして完成した。
ガーベラ・テトラは裏取引によりシーマ・ガラハウ中佐率いるシーマ艦隊へと譲渡されたが、本機の開発者はシーマ・ガラハウ中佐が搭乗する機体だとは知らずにガンダム試作4号機をガーベラ・テトラへと改装した為、後にシーマ・ガラハウ中佐の専用機であればこの様な外装が似合うであろうとのことで、本機を新たにデザインしたという。
しかし、ガーベラ・テトラはRX-78GP03ガンダム試作3号機との交戦で撃墜されており、このデザインに改装し直されることはなかった。

ガーベラ・テトラとの外見の違いは、肩にプレート状のパーツが装備され、頭部アンテナの形状が変更されており、一部の装甲の色が白に塗装されている。
また、ビームマシンガンの形状も変更されていることから、武装にも改良が加えられる予定だったようだ。
強襲用機体として非常に高い性能を誇るガーベラ・テトラだが、優れた操縦技術を持つシーマ・ガラハウ中佐の専用機であると想定することで、ガーベラ・テトラ改はデザインだけでなく機体性能にも改良が加えられ、優秀なパイロットが搭乗しなければその真価を発揮できないほどの超高性能機へと改修される予定であったともいわれている。
[BACK]


[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!