[携帯モード] [URL送信]

欲求不満な私



初めてのSM調教 Aya女王様 上原優
初めてのSM調教 Aya女王様 上原優


モザイクのない無修正エロ動画を見るなら、この比較ガイドを参考にしよう!
一番安いのはどこか?

女体盛り動画

私は34歳の既婚者です。
旦那とは月1〜2回くらいはエッチしますが、全くない月もあって…
欲求不満な中で、酔った弾みで、
パート先の社員の人とも関係を持ってしまった事も…
そんな中、グ○ーの無料ゲームで仲良くなった人と
半月ほどメールを繰り返すうちに、一度会うことになりました。
相手は会社勤務の28歳の既婚男性。
駅前のゲームセンターで待ち合わせしました。
待ち合わせ時間の少し前に着いたのですが、彼と思われる人が既に来ていました。
ジーンズにTシャツ、目印は帽子を手に持って貰ってましたから
多分この人だろうと思い後ろから声を掛けました。
「たか…さん?」
彼は振り返って私を見ると
『ミカさん?』
「うん…初めまして」
『わぁ、良かった〜、ちょっと来てくれないかと思ってたから…』
「そうなんだぁ(笑)」
そんな会話をしながら、ゲームセンターを出てとりあえず彼の車に乗って、
カラオケへ…初めの1時間くらいはお互いに歌っていましたが、
その後は歌よりも話しをしていました。
メールでの付き合いがあったせいか、会話も盛り上がって、やっぱり大人の話に…
『旦那さんとは本当に月1〜2回なの?』
「本当だよぉ…前にメールで教えたし…」
『最近は?』
「してないよ…」
『メールで言ってた浮気相手とも?』
「…それは、…」
『してるんだ…旦那さんもったいないね〜。こんなにエッチな奥さんなのに…』
彼の手が腰に回ると、グイッと引き寄せられていきなりキスされてしまいました。
彼の舌が中に入ってくると、私も…
彼は私を自分の膝の上に跨らせる様に座らせると、更にディープなキスに…
私も彼の背中に手を回して…
彼の手が背中から腰に…そしてお尻へ…
手がスカートに入ってくると指がストッキング越しに
あそこの上をなぞってきました。
なぞる指が敏感な所に触れる度に「んっっ…」と、唸ってしまいます。
『ミカさん…いい尻してるよね〜…夜中のメールみたいにしちゃおっか?』
話しながら彼の指は私のあそこを…
「んっっ…」
『旦那が寝てる横で知らない男のメールでオナしちゃう淫乱奥さん…』
「たかさんがエッチな事たくさん言って虐めるから…」
『旦那さんの寝てる横で電話でエッチもしたしね〜。
ミカさんってかなりMだよね…』
「ヤダ…もう…」
『ほら…ここ…熱くなってるよ…』
彼の指があそこを強くこすって敏感な所を刺激してきます。
「あ…んぅっ…」
『ねぇ…ストッキング…穴開けていいかなぁ…』
「…変態っ…」
『そういうこと言うんだぁ…まぁ…変態だしね…』
そういうと、ストッキングのお尻からあそこあたりを両手で引き裂きました。
「やんっ…」
『メールや電話でしたみたいに…無理やりしてあげるから…』
「あぁ…いや…」
ストッキングを引き裂かれた事と、メールや電話での事を思い出すと、
凄くドキドキして濡れてしまいました。
『ミカさん…いや、奥さんって言った方が興奮するかな?』
「あぁ…そんな…」
彼の指が引き裂かれた所から下着を少しずらしてじかにあそこに触れてきました。
「あっ…はぁっ…」
『奥さん…もうこんなに濡らして…いやらしい汁が溢れ出てるよ…ほら…ほら…』
指が敏感な所を探り当てて小刻みに動かしてきます。
「あっ…んっっ…あぁっ…あっ…」
『こんな所で感じちゃうなんて、いやらしい奥さんだ…』
今度は片方の手を前から差し入れて、あそこに触れると…
『こうしたら、いっちゃうのかな?』
「あっ…いやっ…」
指が中に入り、内側をこすりあげる様に動かしてきました。
「あっ…あっ…あ…だめ…」
指の動きが更に激しくなり…
「だめ…いっちゃう…」
そう言うと、彼はあそこから指を抜いて私に見せて…
『奥さん…行こうか…』
私は無言で頷きました。
カラオケを出て、彼の車でホテルへ向かいました。
ホテルに着き部屋に入ると、
『俺とメールや電話でオナってたんだよね…少ししてみてよ』
「え…やだよぉ…恥ずかしい…」
『そうかぁ…じゃあ…』
彼が私の前に来ると、いきなりスカートの中に手を入れて
下着をずらして指を入れてきました。
「あ…あぁっ…」
『こんなに濡らして…言うこと聞かないと…』
指が激しく動き出してスポットをこすりあげる様に責められました。
いきなりの責めに腰を引いて逃げようとしましたが、
腰に手を回されて引き寄せられ更に激しく責められました。
「やっ…だめ…だめっ…あぁっ…いっちゃう…」
『奥からたくさん溢れ出てきたよ…吹いちゃうんじゃないの?
…ほら…ほら…ほら…いやらしいおまんこがぐちゃぐちゃだよ…
旦那さん以外の男に昼間からホテルでこんな事されて…』
「あぁっ…いやぁっ…あっ…あっ…いく…っ…んぅっっっ…」
私のあそこからたくさんのお汁が吹き出して
彼の腕や私の太ももはびしょびしょになり、
体をガクガクと震わせながらいってしまいました。
彼に抱き抱えられ、ベッドに寝かされると、
彼は服を脱ぎ捨てて私の脚を開き体を入れてきました。
指で下着をずらして固くなったものをあそこにあてがうと、
いやらしく濡れたあそこを押し広げて入ってきました。
「んっっ…あんっっ…」
『奥さん…濡れすぎだよ…旦那さん以外のちんぽが抵抗なく入っちゃったよ…
ほら…俺のが奥さんのエロ汁で光ってるし…』
「あぁ…やっ…あっ…あんっっ…」
『電話でエッチしたのと、同じ状態だね…
服を着たまま他人のちんぽに犯されてるよ…ほら…奥さん…』
「あぁ…いや…凄い…」
『んっっ…すげー興奮する…いやらしい奥さんだ…上も見せてよ…』
荒々しく服を脱がされ、ブラをめくられて…
本当にレイプされてる様な感じでした。
『お…結構おっきいね…乳首もおっきい方だ…ほら…
この乳首をこうやって摘まれるのがいいんだろ…ん?』
「あっ…んっっ…いいっ…あぁ…」
『いい反応しちゃって…後ろからもしよっか…』
彼が一度離れ私を四つん這いにすると、
スカートをたくし上げてお尻を撫でながら…
『エロい尻してるよね〜…柔らかくて…いい尻だわ…』
彼のものがあそこに触れると一気に奥まで入ってきました。
「あぁっ…いやぁっ…凄いっっ…」
『おぉ…いいっ…すげー興奮する』
お尻をぐっと開いて激しく突き上げてきました。
彼は後ろから激しく突きながら、
私の上着を脱がしスカートを更にたくし上げると、
破れたストッキングを更に引き裂いてきました。
『破れた部分のお尻がさぁ…突き上げる度にいやらしく波打っちゃって…
ほら…んっっ…どう?…んっ…』
「あっ…あっ…んっっ…いい…もっと…」
『もっとどうして欲しい?…ん?』
「もっと…突いて…」
『よし…じゃあ…奥さん…俺も出すまで突きまくるからね…』
腰をしっかり掴まれ奥まで激しく突き上げられると…
「あっ…あっ…いいっ…あぁぁっ…」
『あぁ…すげー…奥さん…気持ちいいわ…いきそうだ…』
そう言うと、一度離れて荒々しく私を仰向けにしてすぐに入れてきました。
「んっっ…」
『あぁ…ヤバい…奥さん…ごめん…いくわ…』
私の両手を掴みベッドに押さえつけて激しく突き上げてきました。
『あぁぁっ…いく…奥さん…いくぞ…あぁぁぁぁっ…』
「あっ…あっ…あっ…あぁ…いいっ…いいっ…あぁぁっ…」
彼の動きが一瞬止まり、そして私から離れると、私をまたいできました。
私は口を開けると彼のものが入ってきて、
私の口の中でビクビクしながらたくさんの精子が…
私は最後の一滴まで吸い取る様に手でしごきながら、飲み込みました。
この後でお風呂に入ってからもう一度エッチして帰宅…
久しぶりの浮気でした。
長々と失礼しました。

初エッチは風俗
鳥取旅行
息子と一緒にお風呂

DUGAの会員になると10万本以上のサンプル動画が視聴可能!
会員登録は無料、メルアドの登録だけ

↓ ↓ ↓ 
地下牢の倒錯魔4 上原美菜
地下牢の倒錯魔4 上原美菜




[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!