[携帯モード] [URL送信]
◆ベストホラー大賞◆
カトラスさん「ネクロマンテック・マザー」
 圧倒的な支持を受け、本年のベストホラー大賞となりました。おめでとうございます!

◆ホラーテイスト賞◆
香坂暁人さん「箱と少年」
 この企画は力強い短編が多く、そのためか後味が尾を引くというものもとても多かった。そこで一番記憶として残ったものは何だろうと思ったとき、これだと感じました。とても視覚的で、アニメーションのように展開していく。異空間から腕が突出する一枚目がパッと浮かんだのです。そのため、尾を引く秀逸な候補作から「箱と少年」を選びました。

◆斬新奇抜で賞◆
ハシルケンシロウさん「魂が魂を呼び、魂によって解き放たれる」
 やっぱりこれしかなかったです。他作品には無い“スポーツ根性”を燃え上がらせた作品。作者さんの好きなものに対する一直線の情熱は、他の作品にはないものでした。企画どころか……今までホラーコメディには沢山出会ってきましたが、ホラースポ根には出会ったことがなかった。この志は新鮮でした。

◆未知との遭遇で賞◆
煩村綾弥さん「『八日目のウォーターメロン』」
 未知の本質はどこにあるだろうか、人は己のことさえろくに知らないのに。その答えを僅かながら感じさせてくれる、そんな作品でした。言葉と言うものに対する意欲的な姿勢も素敵だったと思います。

◆血まみれで賞◆
eleven-9さん「アルテルナリア」

 ただ血を使うのではなく、いかに効果的に使うか。その一点を考えたとき、最も血液の色が鮮明であり、最もその展開バランスが安定しており、出血というものが人にとっていかに危険なものであるかを最も明確にしていた作品は、「アルテルナリア」でした。

◆現実賞◆
茶山ぴよさん「ハッピー・サマー・ウェディング」
 ほんの些細なことがとてつもない荒波になったり、激動の中でなんとか心のよりどころを探してしがみ付いたり。生きるのって、しんどい。だけど責任があって仕事はしなきゃならない。筋も通さなきゃいけない……。誰もが背負わなければならない、そんな地道な戦いこそ現実なんじゃないかと思います。
 だとしたら、と考えたとき、この作品がまっさきに浮かびました。

◆ホラーコメディ賞◆
瀬戸 孝輝さん「幻話」

探偵と聞き役の少女というオーソドックスなキャラクターながら巧みに掛け合わせることでコミカルに展開を進めていたように思います。決定打はラストでした。似た落ちは他にもありましたが、テーマに根源的に絡んでいたのはこの作品だけ。そしてなによりコメディに最も大切な上質の皮肉を感じました。

◆HANAKO賞◆
風海南都さん「蚊の顔」
サイトウ

 異形ながら、可愛いカッコイイという声が多かったサイトウ。他キャラクターは恐怖がメインであったのに対し恐怖だけではない魅力がありました。花子さんや口裂け女も、トイレに住んでいたりポマードが苦手だったり、どこかユニークで愛嬌があります。だから愛された。サイトウも独自の魅力で多くの方に愛されることを願っています。

◆哀婉賞◆
た〜さん「何も無かったかの様に」
 正直、かなり迷いました。他候補作に比べるとあらゆる視点から救いようがないからです。あまりにも悲しすぎるのではないかと。
 それでも考えて考えて、結局この作品を選んだのは、哀婉という言葉そのもののような気がしたからです。一方的で傲慢な行為を描きながら、それに対して怒りを覚えることができず、ただただ悲しみが漂う文章は美しかったです。
◆エロティック賞◆
弥招 栄さん「夜香毒花」
 肉体描写やセックス描写を用いることで性を艶やかに描いている作品は他にもありましたが、それを更に突き詰め魔性へと昇華させていたものはこの作品だけでした。本年の夏ホラーで最も賞に相応しいと思います。

◆アンケート上位◆
第一位・88p
カトラスさん
「ネクロマンテック・マザー」

第二位・70p
風海南都さん
「夏兎」

第三位・40p
風海南都さん
「蚊の顔」

第四位・36p
eleven-9さん
「捕獲器」

第五位・32p
弥招 栄さん
「夜香毒花」

第六位・23p
アオキチヒロさん
「ぱぱ」

第七位・21p
アオキチヒロさん
「ミスモンストル・サクレ、君は世界に殺される」

第八位・19p
ハシルケンシロウさん
「魂が魂を呼び、魂によって解き放たれる」

第九位・18p
貞次シュウさん「風鈴が鳴るとき」
さすらい物書きさん「natsuho」

第十位・12p
蓬莱雪也さん
「たずねてくるもの」


[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!