[携帯モード] [URL送信]
取り敢えずの隠れ場として公園の女子トイレを選び、肩を上下させながら鏡の前に立つ。何て無様、何て醜悪。此んな事なら面倒がって狸寝入りなんかするんじゃなかった。だって此の暑さ、炎天下で取っ組み合う気にはならなかったんだ。


―――思いもしなかったんだもの。勝手に勝手に許可無く唇を奪われるなんて。


今更起きてましたなんて言える訳も無いし況してや理由を問い質すなんて出来る筈も無い。…警察のクセに痴漢なんてサイテーヨ。女の敵ヨ。犬の糞ヨ。殴ってやりたい。嗚呼、呟いた言葉はどれも本心である筈なのに。実は案外嫌じゃなかったなんて、今更どうやって伝えたら良いの。




070728



*ブラウザバックでお戻り下さい*


無料HPエムペ!