[携帯モード] [URL送信]
「悪い事は言わねェ、旦那だけは止めておきなせェ」
何でお前にそんな事言われなきゃならないアルか。
「あの男がてめーを女として見るわけがねェだろ」
大きなお世話ネ、んな事テメーに言われなくてもわかってんだヨ。
「いつまで家族ごっこを続ける気でィ、お嬢さん」
ウルセー、黙れ。私の勝手ネ、私が好きで此処にいるんだから、銀ちゃんが私をどう思ってようと関係ないヨ。
「結局毎晩旦那に置いていかれるくせに」
…子供はお酒がのめないから。早く寝なきゃ、いけないから。
「あいつは、絶対にお前を連れて行きはしない」
私が子供だから。大人になれば。
「この先何年経っても、結局お前はあいつに置いていかれて」
もう止めて、いい加減にしないとその首もぎ取るヨ。
「そうして、誰も幸せになんかなりゃしねェんだ」
五月蠅い、黙れ、わたしはしあわせなの!銀ちゃんがすきなの!
「だから、旦那だけは止めておきなせェ」

「…かぐら」
―お前なんか、大嫌い…っ。


結局わたしの言葉は全て口のそとには出なかった。背中にまわされた腕はとても力がつよくて、この上もなく自分勝手で、滑稽な程にあつくて。


わたしによく似ていたから。



070719




*ブラウザバックでお戻り下さい*


無料HPエムペ!