[携帯モード] [URL送信]
MH3攻略モバイル版 byこじ
モンスターハンター3の攻略サイトです。欲しい情報あれば掲示板より質問お願いします♪
サイトトップへ戻る

【初級者向け---基本立ち回り】

モンスターハンター3 MH3

下記の3つの事を守るだけで、全ての敵においてぐっと死亡率が減り、討伐時間が早くなります。わかりやすく言えば、ほぼ回復薬なしで早い討伐が可能です。

イロイロと難しいことを覚える前に、まずこの基本立ち回りができる様にしましょう。


@ひたすら後攻

A円状の立ち回り

B弱点を狙う



@基本モンハンは後攻。
「相手の攻撃を観察してから、スキがあれば攻撃」。この繰り返しが最も安全かつ早い戦い方です。
唯一例外といえるのは、ランスのカウンターです。モンハンの歴史の中でわざと正面から攻撃させることが、こちらのチャンスになるのはこれだけです。

A円状の立ち回り。
とにかく正面で止まらないように、この動きをしていればたいがいの敵の攻撃は避けられる。そして、スキの大きい攻撃をしてきたときに、こちらが攻撃をする。敵の攻撃の種類とスキの大きさを覚えているハンターが、一番うまくて強いハンターといっても過言ではありません。

B弱点を狙う
弱点とそれ以外の箇所では、2〜5倍も与えられるダメージが違います。つまり、攻撃する場所を間違っていると平気で討伐時間が2倍・3倍と長くなります。早見表や攻略のところで弱点を覚えて、そこを中心に攻撃しましょう。

【死ぬ原因を考えよう】


以前アンケートを行ったことがあるのですが、圧倒的多数は欲張って攻撃をしすぎたり、攻撃を喰らって壁際に追い込まれカメラワークがぐちゃぐちゃになったり、連続攻撃を受けて気絶→とどめ、あるいは回復を後回しにしていて、上記理由であっさり死ぬ、というものす。つまり・・・

上の@Aの注意ができていれば、ほとんどは避けられる死です。

喰らうことは、

・気絶の恐れがある
・壁際など面倒なところに追い込まれる
・スキを待って、スキだらけの回復行動をしなくてはならない
・死ぬ

など、非常に多くのデメリットがあるため、討伐時間を短くしたいのであれば、「スキがあるときにしか攻撃しないこと」を徹底する必要があります。また、「体力が半分になったら100%回復行動を取る。攻撃を捨てる!」という事はモンハンでは必須と考えてください。

上記3点を徹底するだけで、もう一流のハンターです。ちなみに管理人は。。。7割くらいしかできていません(こんなにエラそうに言っておいて!(笑))

だって、頭に血が上るんですもの。。。「これでひるむだろう!」とか「これでひるんでくれ!!」とか、「体力少ないほうが集中力あがるわい!!」、攻撃を先によくやることがあり。。。はい、そうならないときに比べて圧倒的に討伐遅くなってます。。

モンスターの攻略ページもありますが、この基本ができていればそんなもの読まなくても勝てます。逆に、攻略ページを読んでも、この基本ができていなければ討伐は失敗するでしょう。

以下に、各原因の対処方法を紹介します。これを予防するだけで、本っ当に死亡率が下がります♪

[死因ランキング結果]
1.壁際カメラワーク
2.欲張り攻撃→反撃くらう
3.気絶・バインドボイス→とどめ
4.回復手を抜いた

1.壁際・カメラワーク
壁際での戦闘を事前に避けます。特に、水没林のエリア5,6などの狭いところ、アルバであれば地図左半分など、危険地帯で戦っていると、攻撃を喰らったりガードをしたり回避しているうちに、回避不可能な場所に追い込まれたり、壁のある場所では自分がどこにいるかわからなくなったり。。。

うまい人は、自分がロープ際やコーナーに追い詰められないように立ち回っているのが明らかにわかります。

2.欲張り攻撃→反撃くらう
自分はこれが一番多いと思います。。。特に、パーティプレイ!「自分が攻撃されんだろ!それより今チャンスやね〜〜ん」的に攻撃を選択し、逆に反撃され、気絶して。。。とか、本当よくあります!

3.気絶・バインドボイス→とどめ
これは1.2.とも合わせ技になることが多いですが、いわゆる「ハメられた〜〜」的なやられかたですね。とにかく!後攻に徹していて、かつ体力も横着せずに高い状態に保っていれば、これで即死することはほぼなくなります。バインドボイスにも無論耳栓スキルが有効なのは言うまでもありません♪

4.回復手を抜いた
自分よくやります。。。絶対の自信がある人意外は、体力が70%近くなったら、麻痺時や落とし穴時以外は必ず回復の選択を取りましょう。実がコレが、地味ですが最も簡単に死亡率を減らす方法であると思います。パーティプレイだと特に毎回自分が攻撃されるわけではないので怠りがちですが、コレが原因で、1.2.3.全ての要因で最終的に死ぬハメになることは非常に多いです。

また、回復も攻撃同様、モンスをよく観察して、スキができたときに行います。


【スキルで敵のスキを増やす】


と、上記3点がしっかりできるようになったら、防具や装飾品によってつけられる「スキル」を使いましょう。

モンハンは、とにもかくにも、「モンスター/ハンターのスキ」を核に戦闘を考えます。以下のようなスキルで、このチャンスを大幅に増やすことができます。詳しくは、「スキル解説」のページをご覧ください。

討伐早期化に有用なスキル

■かなり便利なもの:
耳栓・高級耳栓/回避性能/ガード性能

■あれば助かるもの:
風圧/水流/耐震/耐気絶/耐毒・耐麻痺/特殊攻撃強化

【道具で敵のスキを増やす】


落とし穴やシビレ罠、閃光玉、麻痺などは、「モンスターのスキが全て」のモンハンにおいては、激烈にありがたい存在です。まず、下記の基本中の基本を抑えておいてください。

●拘束時間は、閃光玉/落とし穴/麻痺→シビレ罠の順に短くなります。
●使うたびにモンスターに耐性ができ、同種の罠2回目以降はどんどん拘束時間が短くなります。
●モンスター疲れているときは、かなり拘束時間が延びます
●怒り状態のときは拘束時間が短くなります
●落とし穴のときは尻尾は切れません

です。なので、原則としては、拘束時間を最大化するため、

●疲れたとき(よだれ状態など)に、はじめて罠を設置する

ことをオススメします。太刀のゲージを早めに溜めたい、戦いを有利にする為の部位破壊(例:ベリオロスの爪)をしたい、というような特殊な理由がある場合以外は、開幕でいきなり罠を置くような事は避けましょう。

考え方として、「もがいた回数」で、拘束時間が決まります。なので、怒り状態や元気なときはもがきまくってすぐに罠から回復してしまうのです。


とりあえず、上記を守っていれば、強いハンターになれるでしょう!
MH3攻略モバイル版 byこじ モンスターハンター3の攻略サイトです。欲しい情報あれば掲示板より質問お願いします♪
サイトトップへ戻る



[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!