[携帯モード] [URL送信]



―バルト歴1820年



神々に祝福されし大地フィアラルは『沼気』と言うモノに侵されつつ有った。


そんな時有る予言者がこう言った、
『沼気は悪しきモノなり、その餌にされた竜は我々に災いをもたらすだろう』と。
人々はその言葉に耳を疑った。



竜は今迄我々と共に暮らし我々を助けて繰れた心優しきモノだ、そんな事は無い筈だと…



だが、予言は現実となり沼気の餌にされた竜は人々を襲った。



人々はそれ以来竜を酷く軽蔑し、勇気有る者達は襲ってくる竜を殺し続けた。
そして人々はその勇気有る者達を『ドラゴンハンター』と呼び、『ドラゴンハンター』は竜を狩り続けたのだった。




だが、例え竜の数が減ろうとも沼気が減る事は無かった。そして人々は気がつかなかった…





漂い増え続ける沼気に




竜達の悲痛の叫び声を







そしてそれから月日が流れ…



竜の歌は空まで


[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!