MS-06F-2
後期量産型ザクU
地球連邦軍接収機
ZAKUU
E.F.S.F. REQUISITION TYPE

頭頂高:17.5m
本体重量:49.9t
全備重量:70.3t
出力:986kw
推力:53,400kg
装甲材質:超硬スチール合金
主な搭乗者:チャック・キース

武装
MMP-78マシンガン
280mmザク・バズーカ
ヒートホーク
シュツルムファウスト
ハンドグレネード
クラッカー

一年戦争後期、ジオン公国軍はMS-06F量産型ザクUを改修し、機体の軽量化とジェネレータ出力の向上を目的としてMS-06F-2後期量産型ザクUを開発したが、F2型の量産体制がようやく確立した直後に終戦となり、一年戦争終戦協定が締結された。
そのため、武装解除にあわせて多くの機体が地球連邦軍に接収され、ほとんど手を加えられないまま使用されている。
本機は、機体色をベージュに変更され、地球連邦軍トリントン基地のMS試験中隊に配備されていた機体で、仮想敵機として模擬戦等に用いられたという。

宇宙世紀0083年、ジオン公国残党軍デラーズ・フリート所属のアナベル・ガトー少佐によるトリントン基地奇襲の際には、基地所属のテストパイロットであるチャック・キース少尉や、ラバン・カークス少尉等が本機に搭乗し、ガトー少佐を支援するジオン公国残党MS部隊に応戦した。
しかし、カークス少尉は本機に搭乗して格納庫を出た直後、ジオン公国軍残党のMS-09F/TROPドム・トローペンにヒートサーベルで機体を横一文字に両断され戦死。
一方キース少尉は、撤退したジオン公国軍残党の追撃戦において、機体の頭部を破壊されつつもヒートホークを用いてドム・トローペンを撃破している。
その後キース少尉は、RGC-83ジム・キャノンUに搭乗し、強襲揚陸艦アルビオン所属のMSパイロットとしてデラーズ紛争を戦い抜いた。
[BACK]


[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!