[携帯モード] [URL送信]

きまぐれフリーダムつぶやき



(10/12)
気付けば1ヶ月以上空いてました。
コメントでのお気遣い有難うございます! 生きてます。

特に体調は悪くなく、度重なる検査と逐一最悪の可能性を想定したお医者様のお言葉が引き続き精神にきていただけで。
あ、精神にきてるのは二次的なもので、脳の病気ではありません。
しかし思いつめたら本当に脳の病気になるんだろうな! と警戒し、のらくらしてたらのらくらしすぎた。
後々医師の落ち度として患者に訴えられないよう、「私はちゃんと可能性を伝えたし」と予防線張っとくのは分るけど、確証もなく癌かもとか気軽に言わないでほしいぜ!
(結局違った)(最悪の可能性過ぎる)(そんなかんじの度重なる警告ストレスから別の病気になりそうな惰弱)
こう言う企画とも漫画とも無関係な要らない情報だけになってしまいそうでここも控えていたのですが、ご心配いただけたことは素直に嬉しいです!

ネームはできてるしもうすぐ終わるしで、描く気だけは満々です。
完結作家に俺はなる。


(11/11)
壁打ちの方、更新してました。
あまりヒキもまとまりも宜しくない前半ですが、一覧から沈没寸前だったのもあり迷った末age。
あっちの王族レベルや何らかの高位の人の棺は埋葬ではなく、廟とかに安置されるんですよね違ったっけ。
調べてもよく分らず、架空皇国だから俺ルールでよしとしました。
今のエコ大国独逸では、キリスト教徒でも火葬(日本以上に容赦なく焼くから骨残らない)するらしいすね。納骨堂みたいなのもあると。
葬儀の文言はカトリックだと神と共に死者の復活を祈願し、プロテスタントだと神の御許で安寧に暮らせと祈る違いがあるそうで。正教は知らない。

料理解説のどうでもいい補足、ポタージュは元々仏語でスープ全般を指し、とろみのある濁ったスープに限定して言うのは日本独自です。どうしてそうなった。

コメント有難うございます! 以下返信にかこつけた語りです。
親父は精神病に罹患してるためまともな思考ができなかったりしてます、脳内物質不足で今線路に飛び込めば会社行かなくて済むと判断してしまうあれです。
芋汁(和訳)は明度が高い上に具が透けない(更に鍋だと具が下に沈む)から、モノクロで描くのは難しいぞこれと思いました。カラーならのっぺりしてても黄色のスープになるんですけど。それっぽく見えていれば幸いです。
作コメで返信済みですが、名前はヒグチと読みます。カコウやホクチではないです。小学生も余裕で知ってる画数少ない漢字で、別に難しくない単なる訓読みなのに素直に読めないやつ、のような由来で付けたような気がします。


(11/14)
コメント有難うございます!

背景がうまいように見えているならばしめしめと思います。
作者が高低差もえと工場もえを併発しているので、今回は萌え漫画でした(断言)
問題は資料を眺めていると目的を忘れて時間が過ぎてしまうことです。
照明キラッキラでメタリックな高層工場もいいけど、近代のレンガ造りも趣きあっていいよね。
そして聖堂は堂々と省きます。ゴシックとかバロックとかロマネスクとかよく分りません。

壁打ちと言う言葉がどこいつ発祥かは知りませんが、シェアワールド企画など、提示された世界観に則り複数の参加者がキャラを投入し、物語を構築していく系の遊戯業界(多分大本はTRPG)での用語です。
複数人のキャラが混在しコミットすることが醍醐味である遊戯にも拘らず、自キャラ同士の関係性で話を構成する……その様は球技の壁打ち(相手不在で一人で打ち合う)にも似た行為であることから、自虐を込めてその名がつけられたのだと思います。
結果として壁打ちはほぼほぼ普通のオリジナルになります。
高みの底からはそんな漫画です。
「シェアワールドに登録してるキャラを使ったオリジナル(稀にゲストあり)」くらいの気持ちで描いてます。









[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!