RX-77-3D
ガンキャノン重装型タイプD
GUNCANNON HEAVY CUSTOM TYPE-D

頭頂高:17.5m
重量:57.2t

武装
240mmキャノン砲×2
60mmバルカン砲×2
ビームライフル
ハンドグレネード
バルザック式380mmロケットバズーカ
ショート・シールド

本機は、RX-77-3ガンキャノン重装型の改良機。
ベース機において問題点とされていた機動性能の低下に対し、スラスターを追加したランドセルの装備、および脚部スラスターを4基に増設することで機動性の確保に成功している。
両肩に装備された240mmキャノン砲や、携行兵装のビームライフル等には、特別な改良は施されていないが、オプション兵装として新たにバルザック式380mmロケットバズーカが採用された。
この武装は威力が非常に高い反面、重量もあったため、砲撃型モビルスーツにとって重要な機体のバランスが崩れてしまうという欠点を抱えていたという。
そのため、バルザック式380mmロケットバズーカを装備する際には、機体の左右のバランスを維持する目的でショート・シールドを同時に携帯することが義務付けられていた。
ガンキャノン重装型タイプDは、テストにおいて高性能を示したため、RX-77-3Dという正式な型式番号が登録されたが、採用されて間もなくRX-77-4ガンキャノンUが完成したことにより、少数の生産にとどまったといわれている。
一年戦争後期に生産された本機は、主に北アフリカ戦線に配備されたが、特別目立った戦果は記録されていない。
[BACK]


[グループ][ナビ]
[HPリング]

無料HPエムペ!