[携帯モード] [URL送信]
センチメンタル・ラブ・トーク(ロイアイ)
鋼の錬金術師/ロイ×ホークアイ





「例えば、だ」

「はい」


真面目な顔をして、貴方は言った
心なしか焦っている感じがする


「もし、もし君の背中のそれが消えたとしたら―」

「はい」

「私と結婚してくれるか?」

「いやです」

「えぇっ」


消える…


「…私は――私のこれは、決して消えることはありません」

「もしも、だ」

「もしも、でも」

「もしも」

「…仮に消すことが可能だと言われても、残しておきたい。
父のしたことを、父が生み出してしまったものを、私が受け止めなければ」


貴方に出会った過去まで失いそうで


「…ほんの」

「…」

「ほんの1%でも跡形残らず消え去る方法があるとしてもか?」

「はい」

「…そうか」


わたしの返答に、諦めたようにうなだれる
貴方が苦しむ理由なんてどこにもないのに


「大佐」

「うん?」

「決して、貴方のせいではないですから。だから…そんな顔しないで下さい」

「…あぁ」


貴方のせいではないのだから――


「…君はやさしいな」

「気のせいです」


貴方の笑顔に安堵するわたしの気持ちも…

きっと気のせい

















二人の過去話読んですぐ書いたもの

あれがお互いの背中を預け合った二人を繋ぎ止めてるんだと思う



BACKNEXT
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!