[通常モード] [URL送信]

小話
☆ボクの夏休み。
※“はねモバ”のナカタミノル様への相互記念小説です。
ナカタミノル様のみお持ち帰り可です。





カタカタカタカタ。





カリ、カリ……カツン。


(全然わかんない……)


海馬くんはデスクに座って、パソコンとにらめっこ。
ボクはその傍のソファーに座って、課題とにらめっこ。
先に音を上げたのは、もちろんボク。





夏休みの課題で解らない所を教えてもらおうと、海馬くんの家で会う約束をして。
来てみたら、海馬くんは急に入った仕事を片付けてる最中。


ちょっとでも傍にいたくて、『課題してるからここで待ってていい?』って聞いたら『好きにしろ。』って返された。


……仕事に集中してるのは判るけど、せめてボクの顔見て返事してほしかったな。


出来る所だけでも、と思って開いた問題集。
案の定、すぐつまずいた。


(海馬くんは……まだ仕事終わらないかな……)


カタカタカタカタ。


流れるような動きでキーボードを叩いてる海馬くん。
真剣な目で画面の文字を見続けてる。


(かっこいいなあ……)


仕事してる時の海馬くんはかっこいい。


モクバくんや磯野さんにてきぱき指示を出してる時とか、国際電話にも当たり前のように英語ですらすら応対したりとか。
“仕事の出来る男”って感じ。


(かっこいい……けど……)





少し、寂しい。


海馬くんが夢を叶えるために頑張ってるのは解ってるし、ボクもそれは応援してる。


それでも、ボクの中のワガママな部分が顔を出す。





“仕事よりも、ボクを見て。”





「……遊戯。」
「ふえっ!?」


突然海馬くんに話しかけられて、変な声が出てしまった。


「そんなに見つめられてると、気になって仕方ないんだが?」


嘘っ!?
ボク、そんなに海馬くんのことじっと見てた!?
……仕事の手止めさせちゃって、悪いことしちゃったな……


「ごめんね、何でもないんだ。……ボクはいいから、仕事、早く進めた方が良いよ?」


無理矢理話を終わらせて、問題を解くフリをする。


……今海馬くんと話したら、ワガママばっかり言っちゃいそうだから。





「遊戯。」
「なぁに?…って、うわあ!?」


いつの間にか海馬くんがボクの傍に来ていて、いきなり抱え上げられた。
向かい合わせになるように膝の上に座らされて、蒼い瞳に見つめられる。


「か、かいばく……」
「言いたい事があるならはっきり言え。」
「別に、何も……」
「ならば何故、あんな顔でオレを見ていた。」


……ボク、どんな顔してたのさ……


「物欲しげというか、構ってくれオーラが全身から出ていたぞ。」


……バレバレだ……


「……じゃあ、言うけど……」
「ああ。」
「……し、仕事が忙しいのは判るけど、ちょっとくらい、ボクと話してくれてもいいじゃない。」
「ああ。」
「せっかく久しぶりに会えたのに、海馬くんのこと見てるだけなんて、そんなの寂しいよ……」
「ああ。」
「…………」
「ん?」





「……たまにで良いから、仕事じゃなくて“ボク”を優先してよ……」





「遊戯……」





…………ボクのバカ。


こんなこと言ったら、海馬くんが困るって解ってるのに。


海馬くんはKCの社長なんだから、ボクより仕事を優先させるのは当たり前なのに。


……ボクは何時から、こんなワガママになったんだろう。





「……そんなことか。」
「そんなことって何さ……」


ちょっとムッときた。


海馬くんのこと、困らせたくなくて黙ってたのにさ。


「遊戯。」
「ふわっ!……ちょ、海馬くん!?」


み、みっ、耳元で喋んないでよ!?


「お前はオレを誰だと思っている?」
「だ、誰って……」





「海馬コーポレーションの社長たるこのオレが、恋人のワガママ一つ叶えてやれんような小さい人間だと思うか?」





「こここ、恋人って……」
「お前しかいないだろう。」


それは、確かに、そうなんだけど!


「一つ、良いことを教えてやろう。」
「いい、こと?」





「この仕事が片付いたら、オレは明日から夏期休暇だ。」
「夏期、休暇?」
「五日間ほどな。その間、お前は家に泊まると良い。……お前の言うワガママとやら、この機会に全て叶えてやる。」





「……本当?」
「お前に嘘をつく理由はなかろう?」
「本当に、本当?ボク、本当にたくさんワガママ言うよ?」
「全て叶えてやると言っただろう。むしろ臨むところだ。」





……反則だよ。


そんな自信満々な顔で言われたら、ボク、限り無くワガママになっちゃいそうだよ。





「ワガママになっていいって言ったの、海馬くんなんだからね。」
「そうだな。」
「……本気でワガママ言うから、覚悟してよね?」
「言ったはずだ、臨むところだとな。」





額同士を合わせて、笑い合って。


明日からの夏休みのことを考える。


ああ、一回家に帰ってお泊まりの準備して来なきゃ。


海馬くんと一緒にしたい事、いっぱいあるんだ。





長くて短い夏休み、キミとの思い出をたくさん作りたいから。


だから、覚悟して?


抱えきれないくらいにたくさんの、ワガママと思い出をキミにあげるから。



END



あとがき。


海表甘々。


果たしてリクエスト通りになっているでしょうか……?
今はこれが精一杯……
あ、バラは出ませんから。(←このネタが通じると信じてます)


ナカタミノル様、相互ありがとうございました!


[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!