[携帯モード] [URL送信]
不幸って何なんだろう



阿部からプロポーズされて、次の日。

1日経って気付いたのは、普通俺の方がするもんなんじゃないかということ。

帰ったらちゃんと俺から言おう、そう決意して車に乗り込んだ。













「阿部、ただいま‥‥?」


鍵が開いていて、今日も怒らなきゃいけないのかと内心溜息を吐いた。しかし中があまりに静かで、不思議に感じつつ中へ入る。


「いねえの、か?」


部屋はそう広くない。ふざけて隠れているにしても人気がなさ過ぎる。

おかしい。そう思いながら全てのドアを開けて確認すると、やはり阿部の姿は無かった。



(待てよ、)



もう1度玄関に戻る。阿部の靴は綺麗に並んでいた。


「‥‥っ?!」


がたん、台所からそんな音がして行って見ると、コンロの鍋で味噌汁が沸騰していた。ふたが熱気のせいで床に落ちている。


(どういう、ことだ?)


状況的に、阿部はほんの少し前までここに居たのだと思う。だけど何か理由があって、部屋を飛び出したのだ。

靴を履くのもコンロの火を止めるのも忘れるくらい、慌てて。



混乱。

阿部の行きそうな所なんて‥‥





(さ、かえぐち)


未だぐちゃぐちゃの頭に上がったのは昼間の笑顔。あいつなら、手助けをしてくれるだろう。













栄口に電話をしている間、手の震えが止まらなかった。

夕方から降り出した雨は、すっかり本降りになっていて。


阿部、どこ行ったんだよ。


思い出すのは、朝見送られた時の笑顔だけで。




.

[*Back][Next#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!