[携帯モード] [URL送信]

死ねば会えるだろう(花阿)





阿部。そう、誰かが呼んでる。


朦朧とした意識の中で、その声だけがはっきりと聞こえた。












「阿部、おい阿部!」
「‥あ‥‥、っ」



怒鳴るように名前を呼ばれたと思ったら、パチンと頬を叩かれた。
一気に頭が冴えてくる。


「‥‥はな、い‥」
「しっかりしろよ」
「ん‥‥‥‥」



頷いて、目の前のシャツの胸元に寄り掛かる。視界の隅でその白が自分の紅で汚れるのが見えた。





「もう切んなって言ったろ」


説教されているというのに、ひどく落ち着く。まるで子守唄のように眠りを誘う。

違う。安心するんだ。この声に、この腕に、この人間に。














もう切るな。何回言われた台詞だろうか。その度に彼は説教する癖に、一向に俺を見捨てようとはしない。

それどころか以前よりもっと気に掛けてくるようになった。














それはいつでもどこでも衝動的。
家だろうと学校だろうと人がいようがいまいが構わない。

まるで発作。


例えば学校で。
すぐに女子の悲鳴や教師の制止の声が聞こえてくる。でも、俺が欲しいのはそんなんじゃない。
それを望んでこんなことしているんじゃないんだよ。





俺は知ってる。

教室中パニックになってるのに彼は真っすぐ俺の所に来て、怒るでも悲しむでもなく、ただ1度頬を叩くのだ。名前を呼べるまで落ち着いたらしっかりと抱き締めて、保健室まで説教しながら連れて行ってくれる。


知ってるんだ。

花井は俺の意識を保たせる為にずっと話し掛けていてくれること。痛いくらい腕を握るのは止血の為だって。







迷惑をかけてるのは重々承知。

それでも辞められない、衝動。

だって、今この瞬間、彼は俺だけのものだから。





死ねば会えるだろう
(其の為に死に逝くのさ、何度でも何度でも)





+−+−+−+−+−+
自傷すればすぐ駆け付けてくれるのが嬉しくて。

[*Back][Next#]
[戻る]


無料HPエムペ!