[携帯モード] [URL送信]

野球よりも、とは
言えないけど(花阿)





「タカー?花井くん来てくれたわよー」
「おー‥‥って、え?」



怠い身体を何とか起こして自室のドアを見ると、そこには正真正銘西浦高校野球部キャプテン、花井梓が。


「すいません、朝っぱらから」
「そんな良いのよ、それにただの風邪なのに、こっちこそ悪かったわねぇ」
「あ、いえ。勝手に来ただけなんで‥‥」


適当に会話を済ませると、弟に呼ばれて母はリビングに戻った。花井の視線がこちらに移る。



「大丈夫か?」


後ろ手にドアを閉めて、ベッドにいる自分に近付いて来ると心配そうに顔を覗き込む。ああ、と頷くとやんわり微笑んだ。


「何で、朝練は?」
「モモカンに様子見てくるつって許可もらった。学校には行くよ」
「‥‥ふーん」


わざと素っ気ない返事をするのは照れ隠し。ああもう誰だよ、風邪引くと弱気になるとか言った奴。今すごい抱き締めてほしい‥‥



「‥‥花井」
「なに?」
「いや、その‥‥あ、そうだ。三橋、に」


つい甘えたいということを口に出してしまいそうになり、慌てて出したのはバッテリーを組んでる三橋の名前。

花井の眉が器用に片方だけピクリと動く。これは彼がイラッと来た時の癖だと自分は知っている。それはそうだろう、誰だって恋人と2人の時に他の名前を出してほしくはない。
自分だってそうだ。





「‥‥ごめん」
「良いよ、三橋には俺からちゃんと言っとくから」
「うん」


三年間、怪我も病気もしないと約束した。今日は練習試合ではないけど、謝りたいという自分の気持ちを察したのか、花井は苦笑して言ってくれた。

そういう、すぐに怒ったりしないところが自分は好きだった。いつだって彼は自分に優しくしてくれる。





「なあ、」


すごい、好きだよ花井。


「どうした?」



呼びかけたまま止まった自分に、相手は首を傾げる。熱まだあるのか?と額にその大きな手が触れると、途端に涙が溢れた。


「阿部、何したんだよ」
「‥‥っ、何でもねえ、遅刻、すんぞ」


こんなことで泣くなんて恥ずかしい。花井が触れたところが熱い。ずっと傍にいて欲しくなる。



色んな想いを悟られたくなくて、花井の手を振り払うようにして布団に潜った。

花井は今どんな顔をしているだろうか。我が儘な自分に呆れてる?困ってる?怒って‥‥


「!‥‥は、花井っ?」
「大丈夫だから、帰りにまた来るから」
「‥‥っ‥‥‥うん」



布団ごと抱き締められて、肩の辺りを撫でながら宥めるように言われると、たちまち気分が落ち着いてくる。


花井は久々の風邪に弱気になっている自分も、甘えたい自分も素直になれない自分も全部、知っていた。知って理解して、愛してくれていた。















「じゃ、行くから。薬ちゃんと飲めよ」
「わかってるよ、梓オカーサン。オレの分も野球頑張ってこい」


布団に潜ったままからかうように言うと、花井が笑った気がした。それから立ち上がる音も。



本音はずっと傍にいてほしい。だけど俺らには野球がある。
小学生の頃から生活の一部で、こう言うのも何だけど、俺らが出会ってからの年月より遥かに長い時を共にしてきた。

花井と野球を天秤に掛けるようなことはしないけど、自分のせいで相手のせいで疎かにするようなことはしたくない。させたくない。





目の下辺りまで布団をずらして顔を出すと目が合った。花井は一言真っ赤だなあ、と言って部屋のドアを開ける。首だけ回して振り向くと、やっぱりいつもの優しい笑顔で手を振って、パタン、と出て行った。


‥‥次に花井があのドアを開くのはあと何時間後だろうか。



「‥っくそ、早く治そう‥‥」


独り呟いて、再び布団を頭まで被った。















野球よりも優先して、とは言えない、言わないから。



1分1秒でも早く、会いに来て。




(我が儘だってわかってる)
(でも仕方ないだろ、オレ病人‥‥なんだから)







+−+−
はなべ企画に捧げます^^
素敵題お借りしました。
本当に楽しかったです。
こんな素晴らしい企画立
ち上げて下さった主催者
様方、ありがとうござい
ました。

うぁあ。皆さん神なのに
私は果てしなく紙‥orz||

[*Back][Next#]
[戻る]


無料HPエムペ!