[携帯モード] [URL送信]
臆病な性格
仔犬の頃から、あまり他人や他の犬との接触がなかったり、家の外に慣れていない犬は臆病な性格になる可能性があります。

散歩を嫌がったり、他人や犬や物に対して吠える、唸る、威嚇する、攻撃する等があります。
また、前触れのない攻撃や物音に驚いて突然駆け出し、事故や飼い主がケガをする事も多々あります。


上記を防ぐためには、仔犬の頃から外の世界に慣らしておくことが大切です。
わざと線路脇を通ったり、人通りの多い所や犬の多い公園を通ったりして、愛犬を慣らしていくようにしましょう。

最初は怖がるかもしれませんが、慣れてくると友好的な性格になり、誰からも愛される子に育つでしょう。


[戻る]


無料HPエムペ!