[携帯モード] [URL送信]
嘱託警察犬
警察犬とは、人間の4千倍〜6千倍といわれる犬の鋭い嗅覚等の能力を高度に訓練し、足跡追及能力や臭気選別能力を警察など法執行機関の捜査活動に利用するものである。
また警戒犬や攻撃犬としても使用される。歴史的には軍用犬や番犬、猟犬から発展した。

日本では警察が所有し使用する直轄犬、 警察が実施する試験に合格し警察から非常勤の警察犬として認められた嘱託犬をいう。

警察犬を最初に使用したのは19世紀末ドイツのヒルデスハイム市警察とされる。
日本では1912年に警視庁がイギリスから警察犬2頭を採用したのが始まりである。
現在警視庁鑑識課だけでも32頭が使用され、その他各道府県警鑑識課でも使われている。

なお、警視庁警備部警備二課には警察の捜索活動を行う警察犬だけではなく犯人制圧や災害救助犬のように被災者の捜索を行う警備犬がいる。
また米国ではポリス・ドッグはK9と略称される(canine―“犬”との語呂合わせ)。

※wikipediaから抜粋

[戻る]


無料HPエムペ!