頂き物小説
いぬ。B
「奈希ちゃん、さっきオトモダチと喧嘩していたでしょう?」

 どきり、とする。

「……見てたから」

 ヒロトは曖昧にほほえんだ。
 そう、あたしは友達と喧嘩した。

「言い方が、冷たいんだって」

 ただ、あの子の言葉に【ふ〜ん】と返しただけなのに。

「……奈希ちゃん」

「何よ」

「仲直り、してね? 奈希ちゃんはちゃんと、心の中でわかってるから。どうすればいいのかって」

 仲、なおり。
 早いうちの方が、仲直りしやすいのをあたしは知ってる。

「……わかった」

「うん! じゃあ、明日会おうね! ばいばい」

「ばいばい………」

 一人になって、あたしはつぶやく。

「仲、なおりかぁ…」

 もう一人、仲直りしたい相手が、この道の向こうにいる…。もしかしたら、もう居ないかもしれないけれど。

「………」

[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!