[携帯モード] [URL送信]

「ホレ、あったぞ。」

オレがクッキー片手に呆けていたら、アニキがビデオテープを持ってリビングに入って来た。

「おォ、帰ってたんか。つーか曙覧オメー、それ何!?」

それを目ざとく見つけられた。

「オレんじゃねェよ、龍二の!」

「だろうな。オメーにゃ手作りクッキーもらえるほどの甲斐性ねェよな。」

ムカつくが、事実だ。

「あーざーす!」

龍二はクッキーには目もくれずビデオテープに一直線。

「オイ、それなんのビデオょ?」

手作りクッキーよりいいもんなのか。

「ペイサーズ。先週の。」

「は?」

ペイ…?あんだって?

「NBAの試合。残念ながらオメーが期待してるようなビデオじゃねェぜ。」

「なんも期待なんかしてねェし!」

ッせーな、バスケバカ共が!

「櫂先輩、『見てないんなら紫亘先輩に借りろ』って。」

「おォ、レイちゃん元気?もうすぐWリーグだべ?」

「28日から。すごいピリピリしてるよ。」

「そらしょーがねェだろ。」

「紫亘先輩の『地獄の特訓』を知ってる俺ら2年は平気だけど、1年なんか半ベソもんだよ。」

と、龍二は笑った。

そう。オレの目の前で、今ヤツは笑っている。

コイツのドコが『暗い』?『しゃべらない』?

お前どんだけ二重人格なんだよ、とオレは心の中で憎まれ口をたれていた。



「じゃあまたね。」

「なにお前、帰んの?」

龍二はタバコを消してビデオテープをリュックにしまった。

「うん。これ見たいから。」

そう言うと、ヤツはさっさと帰ってしまった。



クっソ。女にドヤされていたの、からかってやろうと思ってたのに。

つーかこのクッキー、どーすんの…?

[前へ][次へ]

無料HPエムペ!