[携帯モード] [URL送信]

「だって浜荻ってすげー暗いじゃん。友達いねーし。」

「そうそう、授業以外でマトモにしゃべってるとこ見た事ねーよ。」

龍二と同じクラスになった事のないオレは、学校でのアイツを全然知らなかった。

「つか、メガネだし。」

「メガネってお前、それどんな差別だよ。」

確かに龍二は極度の近視でビン底みたいなメガネをかけているが、だからってそれだけで『暗い』?『友達いない』?『しゃべらない』?



正直、オレは入学した時から「高砂 紫亘の弟」のレッテルを貼られていた。

もちろん寄って来るのもソレ系のヤツばっかで。

それが原因で、龍二にはあからさまに避けられていた。だから、学校ではオレ達はほとんど関わらなかった。



「ん?タカどうした?」

「や、別に。」

この陰口に反論したところで、アイツはきっと迷惑に思うのがオチだろうよ。

お前のためにオレは黙っていてやっているんだかんな。









「ただいま。」

弁当箱しか入っていないカバンを放り投げると、見慣れたリュックのちょうど上に着地した。

「おかえり、曙覧。」

持ち主は他でもない、龍二。

「あ、そうだ。俺さっきクッキーもらったんだけど食べる?」

ヤツはオレのカバンをどかし、自分のリュックから小さい包みを出して寄越した。

「コレ、手作りだべよ。」

そんなもん、オレが食って良いはずがない。

「え?何?」

龍二は右手にリモコン、左手にタバコを持ってテレビの前に座った。

ちっともオレの話しなんか聞いちゃいねェ。

[前へ][次へ]

無料HPエムペ!