[携帯モード] [URL送信]

「おい。このシチュエーションって、もしかして。」

「やっぱ!?」

オレ達は野次馬根性丸出しで、校舎の陰から縦一列に顔を少し覗かせていた。

「つか、どうする?」

「どうするもなんも、出るに出れねェだろうがよ…。」

オレの言葉に全員が無言でうなずいた。

「なんかヤバい、俺めっちゃドキドキして来た。」

「アホか。誰もテメーにゃ告白しねェから安心しろ。」

すかさずそうツッコミを入れる。そしてその後はもう誰もしゃべらず、静かに見守っていた。



しかし待てど暮らせど、相手は現れない。

「遅いね。」

「ねー。」

それは彼女達も同じように感じているらしかった。

「来てくれないのかな…。」

真ん中の女がそうため息をつく。

「大丈夫だって、絶対来てくれるよ。みんな優しいって言ってるじゃん、浜荻センパイ。」









多分オレの心臓は一瞬、止まった。









「ちょちょちょ、ヤベェってコレ、超ヤベェって。」

オレは下のヤツの頭をバシバシ叩いた。

「マジか?浜荻って、浜荻 龍二!?」

しばらくすると、明らかに面倒くさそうな歩調で草を踏み分ける音が近付いて来た。

「あ…っ。センパイ、いきなり呼び出してすみません!」

「いや、別に。」

不安そうに謝る彼女達とは対照的に、龍二はさして興味もなさそうな表情をしていた。

[前へ][次へ]

無料HPエムペ!