[携帯モード] [URL送信]
19
「マジで何があったワケ?」

「何でもないって。」

「ウソつけ。」

今までみたく周りを気にする事もなく、オレは話し続けた。

それくらい、『何か』が違っていたから。

「そんなんでオレが騙されっかよ。」

突然、バン!っと大きな音を立てて机に手を付いて龍二は立ち上がった。



「何でもねーって言ってんだろ!?」



初めて聞いたであろう龍二の怒声に、教室中の視線が集まった。そして静まり返った。

「何でもないってんならデケー声出してんじゃねェよ。」

「うるせーな、お前がしつこいからだ!!」

龍二は左腕でオレを押しのけ、教室を出ようとした。

「テメ、待てよ、龍二!」

「ついて来るな!!」

遠慮なしにドアを蹴り開けたアイツの行動に、それ以上は何も言えなかった。






「なに、タカ。どしたの?浜荻。」

しばらくして、側にいたヤツが口を開いた。

「いや、オレも分かんね。」



この件があってから龍二はオレと目を合わせる事すら、絶対にしなかった。

これこそが避けられている状態なんだと、身を持って実感した。

卒業式を間近に控えたレイから電話が来て、龍二が部活にも顔を出していない事を知る。

当然ウチに遊びに来る事もなくなっていたから、オレにその理由が分かるワケがない。









もしもこの時。

何度何回拒絶されても、オレが龍二の人生に食い込んで行っていけていたのならば。

龍二は破滅へと向かわずに済んだのだろうか。



龍二と、

優花は。

[前へ][次へ]

無料HPエムペ!