[携帯モード] [URL送信]
18
雨上がりの、とある朝。

「お?」

遅刻ギリギリで校門に滑り込もうとするオレの視界に、龍二の背中が映った。

「よう、珍しいな。お前が寝坊か?優等生!」

肩をポンと叩く。

優等生、とは半分は嫌味だが半分は事実で、コイツは1年の時からずっと無遅刻無欠席だった。

「…え?あ。曙覧か。」

オレはそのまま通り過ぎようとしたが、出来なかった。

「何だお前、その顔!」

「ん?ちょっと…。」

メガネの下の龍二の瞳は真っ赤に充血していて、まぶたは酷く腫れていた。



まるで、一晩中泣き明かしたかのように。



「どうした?」

「何でもないよ。」

龍二はうつむき、足早に昇降口へと向かって行ってしまった。






オレは休み時間に龍二の教室を覗いた。

アイツは机に突っ伏している。

周りは誰も気にかけていない。きっといつもと変わらないからだろう。

だが、どうも様子がおかしい。

突っ伏しているなら寝てるなりしていそうだがそうではなく、震えているように見えた。

熱でもあんじゃねェの?

そう思ったオレは声をかけようと近付いてみて、分かった。

コイツ貧乏揺すりしてんだ。しかし龍二にそんなクセはない。

「大丈夫かよ?」

龍二は僅かに顔を上げた。

「…大丈夫だよ。」

ズレたメガネの奥から覗く瞳に、オレは違和感を隠せなかった。

[前へ][次へ]

無料HPエムペ!