[通常モード] [URL送信]

愛しい人
☆☆☆

車を10分ほど走らせれば町外れにある寺が見えてくる。

住職に挨拶をして奥にある墓へ足を向けた。


ザァ


雨と一陣の風が吹く。

雨に濡れた髪が顔に張り付くが気にせず手を合わせた。


「久しぶり。春日。」


今はもうあの可愛らしい声で俺の名を呼んでくれることはない。

目を閉じれば、まだ彼女の日溜まりのような暖かい笑顔が思い浮かぶ。

春日とは高校の頃に出会った。

凄く可愛い。凄く綺麗と言うわけでなく、とても素朴な女の子。
だけど、真っ直ぐな瞳と誰よりも強い真っ直ぐな心にひかれた。

俺は両親もいない天涯孤独の身で所謂不良と言う存在だったが、彼女は俺を否定しないで凍えた心を暖めてくれた。

俺の周りは彼女を否定するような事もあったが、ダチのお陰で彼女を守り通すことができた。

彼女は頭が良いのもあって大学に進み俺は仲間内で集まっていたbarに見習いで働き始めた。

それから4年。

彼女が大学を卒業を後僅かに迫ったとき、俺も今のbarを開いた。

その時の彼女のお祝いと、嬉しそうな笑顔の中にある辛さに俺は気付いてやれなかった。

次の日彼女が自殺したことを友人からの連絡で知った。

俺はそこでそっと目を閉じた。




ごめん。


俺はお前の事を何も気付いてやれなかった。


そっちでは悲しい事はないか?


何時もの暖かい笑顔を浮かべれてるか?


俺は…寂しいよ。




[*前へ][次へ#]

3/10ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!