[通常モード] [URL送信]
雪夏塚〜セツゲツカ 姫崎綾華編_第七話 もう一度約束を(その6)
「姿形は確かに変わるかもしれない。けど、お前の人格は変わらない。お前はお前だよ。
ずっと頑張ってきたお前なら、また、元に戻れるだろ?」

 槙人はちょっと綾華の方を引き寄せ、もう一度腕に抱いた。

「やり直せる・・・。絶対にな」
「どう・・・かな?」

 それでもまだ、槙人の腕の中で、綾華は呟く。

「うん。私は変わらないかもしれない。でも・・・本当に私はいるのかな?もしかしたら生きたいと思うあまり、死さえも乗り越えてしまっているかもしれないのに」

 全てを元に戻したら、綾華は死んでしまっているかもしれない。
 だが、槙人は小さく笑っただけだった。

「それこそ嘘だ。そいつを利用して、俺をおびき寄せたくせに」

 実際に綾華は何度も倒れているのだ。それならば、元気になりたいと思った筈だ。徐々に体が衰弱するだけの病気。それは槙人がいない間も進行していた。本当に死んでしまうかもしれないのに、そんなことをする筈がない。死を超えるほど重い状態でもないし、不自然な程進行が遅くなった訳でもないのだ。

「・・・そうだね」

 ようやく。
 ようやく、綾華が笑った。
 全てを信じた素直な笑顔だった。

「ありがとう、お兄ちゃん・・・」

 綾華も、槙人を抱く。

「やってみる・・・」
「ああ・・・」
「裏切らないでよ」
「バカ、望むな。約束するよ。一生愛して、そばにいる」
「うん・・・約束だよ」
「ああ」

 暫く、二人は抱き合っていた。
 不意に、綾華が口を開く。

「正直、不安・・・。本当に、大丈夫なのかどうか・・・」
「そうだな。信じることもできないもんな。でも、大丈夫だよ」
「うん・・・。もう。何も望まない・・・。全てを白紙に戻す事だけ」

 しん、と静寂が訪れる。
 それは、綾華が決意するために、必要な時間だった。
 もう何も望めないから、最後に、愛する人の温もりだけは、覚えておきたいのだろう。
 不安と切なさに挟まれた時間(とき)。
 それでも、綾華は奮い立つ。

「それじゃあ・・・やるね」
「ああ」

 綾華は目を閉じた。腕に力が入る。
 きっと、今、想っているのだろう。
 この力を、嘘を、虚構の現実を、消して欲しいと。
 槙人も、きつくきつく綾華を抱き締めた。
 自分を。綾華を。綾華への想いを。果たせるかどうか分からない約束を、信じて。

 綾華の右眼から、一粒の雫が落ちて。
 雪に、消えた。

[*前へ]

無料HPエムペ!