[通常モード] [URL送信]
雪夏塚〜セツゲツカ 姫崎綾華編_第六話 変化(その2)
 三日振りの雪だった。
 暫く島の中も夏だったので、久々の冷え込みは体にこたえた。
 エアコンをフル稼働させた自室で、槙人は漫画を読んでいた。そろそろ夏休みの課題にとりかからなければならない。綾華の入院で、予定がずれていた。
 しかし、期末試験時同様、こう寒くてはやる気が出ない。気温はマイナス十三度。
 真冬日よりも遥かに寒かった。
 思考能力が発揮されず、槙人は惰性でページをめくっていた。

「・・・にしても、よく降るな」


 ドカ雪とは、こんな天気の事をいうのだろう。槙人はカーテンを開けて外を見た。
 見事なまでに白い、神社の周りにある木が、小高い丘のように見える。
 車が埋まるほどの積雪だった。さすがに、外出している人間はいない。
 ただ一人を除いて。

「・・・綾華?」

 庭に一人佇んでいる。
 何をするでもなく、傘をささずに、綾華は雪の中に立っていた。

「何やってんだ、あいつは?」

 上着さえ着ていないようだった。コートを羽織ると、槙人は傘を持って玄関から庭に出た。

「綾華!何してんだお前」

 槙人は綾華を傘に入れると、雪を払いながら声をかけた。

「おにい・・・ちゃん」

 それに綾華は反応して、ゆっくりと槙人は見上げた。
 その顔に、表情はなかった。

「どうした?」
「・・・どうして?」

 綾華は目線を落とした。同時に、その体がカタカタと震え出す。
 唯一、蒼白い顔に浮かんだ表情。

「・・・どうして?どうして私、庭にいるの?どうしてこんなところに立っているの!?」

 それは恐怖。
 混乱が生み出す恐怖だった。
 綾華は頭を抱えた。

「私!私さっきまで部屋にいたのに!本読んでた筈なのに!庭になんか出てない!」
「お、落ち着け!綾華!」

 槙人は綾華の肩を掴んだ。だが、綾華は取り乱しており、ただ叫ぶだけだった。

「出た記憶も無いのに!階段も降りていないし、窓も開けていない!絶対外に出てない!
なのに、なんで!?なんで!?おかしいよ!こんなの絶対変だよ!」

 途端。
 ぷっつりと糸が切れたように、綾華はその場に崩れ落ちた。槙人は慌てて綾華を抱き止めた。

「綾華!しっかりしろ!」

 綾華は失神していた。混乱しすぎたせいかもしれない。

 その時ゆっくりと、その口が動いた。呟きよりも、もっと小さな声。

「たすけて・・・お兄ちゃん・・・」
「・・・・」

 槙人は傘を放り出すと、無言で綾華を抱き上げた。
 綾華の口から弱々しく吐き出される白い息。それが顔を少しだけ覆う。
 降りかかる雪がそれで融け、うっすらと涙を作っていた。



「ん・・・」

 ふっと、綾香の目が開いた。

「綾華・・・?」
「あ・・・お兄ちゃん」

 綾華は、ベッドの隣で椅子に座っている槙人を見つけると、体を起こした。

「おい。まだ寝てろ」
「ううん。体の方が悪い訳じゃないから」

 綾華は笑って、ベッドから足を下ろした。

「けど・・・」

 綾華はふるふると首を振った。
 どうやら信用して良いらしい。

「・・・結局、何だったんだ?」

 一度座り直してから、槙人は先程のことについて尋ねてみた。
 だが、答えははっきりしない。綾香は首を振るばかりだった。

「・・・全然分からない、本、読んでたんだけど・・・」
「床に転がってたぞ」

 槙人は、机の上に置いた本を指さす。

「・・・そう。それでね、ふっと気がついたら・・・庭に、立ってた・・・」


 綾華は俯いた。

「動いた筈・・・ないのに」

 槙人は無言で綾華を見つめた。」


[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!