[通常モード] [URL送信]
雪夏塚〜セツゲツカ 姫崎綾華編 第四話(その5)
水のかけ合いに始まり、ビーチバレー、遠泳と休むことなく遊び続けた。空腹になれば海の家でラーメン。そしてまた、海に。スイカ割りのようなお約束はなかったものの、全員が海を満喫していた。
槙人がビーチパラソルの下できゅうけいしていても、女の子達ははしゃいでいた。

「パワフルなもんだ」

唯一の男ということで散々引っ張り回されたために、槙人は疲れ切ってしまった。

「どうそ、姫崎さん」

そこに、缶ジュースを持って、町田が戻って来た。

「お、サンキュ」

ジュースを受け取り、小気味良い音で蓋を開けて一口飲む。

「本当に元気だな、皆」

もう一度口をつけてから槙人は、隣に座った町田に話しかけた。

「楽しいですからね」
「年の差かな。俺はもうヘトヘトだぞ」
「たった一つだけじゃないですか」

オヤジ臭いですねぇ、と町田は笑う。図星すぎて、思わず槙人は言葉に詰まった。
しかも、槙人は早生まれのため、年齢的には綾華と同い年だ。
単に体力がないだけのようだった。男としてふがいないことである。

「カッコ悪いな・・・」

缶をヘコませて、槙人は苦笑いをする。

「あはは。でも、仕方ないんじゃないですか?」
「うーん。そうかもしれないけど、やっぱりな・・・」
「・・・ところで、あの水着って、姫崎さんが選んだんですってね」

町田が、綾華を指さした。

「ああ。どうかな?実際は、かなり適当に選んだんだけど」
「良いと思いますよ」

町田は即答する。

「適当に選んだとしても、本人が気に入れば、自然と似合うものだと思いますよ」
「そうか?」
「ええ。普通の服にしても、組み合わせとかありますし。自分の方が服に合わせようとしますからね。水着だってそうですよ」
「・・・そうだな」
「綾華って、薄い色似合いますし」
「そう思うか?」
「はい。姫崎さんも?」
「ああ。だからあれにしたんだけど・・・」
「へぇ・・・」

町田はぐいっと缶を傾けた。何度か喉を鳴らしてから、大きく息をつく。

「綾華と姫崎さんて、仲良いですよね」
「ん・・・まあな」

実際には綾華が一方的に仕掛けてくるのだが、仲は悪くないだろう。

「でも、兄妹なんだからそんなんじゃないか?」
「そんなことないですよ」

町田はふるふると首を振る。

「ウチもまぁ、そうですけどね。でも、家の中で会っても口も聞かない兄弟って、割といるらしいですよ」
「え、そうなのか?」
「はい。私の友達とかそういうのいます」
「へぇ。兄弟って大抵仲良いもんだと思ってたけどな」

仮に悪いとしても、ドラマの中の世界くらいだと思っていた。ある程度権力を持った人間同士が憎み合う、三文小説にはお似合いの設定といえる。

「変かな?俺たちって」
「いえそんな。仲が悪いよりはずっと良いですよ」
「ん。そうだな」
「・・・だから、なるべくなら嫌わないでほしいんですよ、綾華のこと」

ペキ、と缶を鳴らす。独り言にも聞こえる、寂しげなセリフ。
町田は俯いて、小さく笑っていた。

「・・・そりゃ嫌うってことはないと思うけど・・・。何でそう思うんだ?」
「いや・・・綾華って。あれで結構寂しがり屋なもので」

今の表情を隠すように、町田はもう一度大きく缶を傾けた。だが、中身はほとんど残っていないようだった。
砂の上に、空の缶が置かれる。

「中等部からのつき合いですけどね。割と、分かったりするんですよ」
「ああ・・・」
「綾華、一時期、いじめられてたことがあって・・・。その時泣きはしなかったんですけど、すごい辛そうだったんですよ。誰でも普段はそう思わせないくらい全力で笑ってて。。・・・それが逆に痛々しかったんですけど」
「・・・・」

綾華にそんな過去があるとは知らなかった。いじめられたことなど話したくはないだろうが、綾華について、自分は知らないことが多いということに槙人は気づいた。
子どもの頃の二ヶ月。そして、今の約三ヶ月。それだけだ。
綾華の病気のことも知らなかったくらいだ。

「・・・それで?」
「え、ええ。だからあやかって誰かと仲良くなると、その人とずっとその関係を続けようとするんですよ。友情とかすごく大切にするんですよね」
「ああ・・・」
「多分、嫌われるのが恐ろしからだと思います」

一人は寂しいから。
一人でいるのは辛いから。

「そっか・・・」
「だから、姫崎さんも・・・」
「ああ。分かってる」

海のように透き通った絆がある。
嫌う訳がない。
普段は人を困らせようと企む人間であっても。
槙人が綾華を嫌う理由はなかった。

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!